2023年韓国、1人当たりGNIで初めて日本を抜いて

1 min read
韓国港で船積みを待っている積み重ねられたコンテナ

中央銀行の資料によると、韓国は2023年に初めて1人当たり国民総所得(GNI)で日本を上回り、韓国ウォンに比べ日本円の弱さにより韓国所得のドル価値が上昇しました。

基準年度変更は国内総生産(GDP)計算に高性能半導体チップなど新技術製品を含め始めた増加によるものでもある。

アジア4位経済の1人当たりGNIは2023年36,194ドルで前年度35,229ドルに比べ2.7%増加したことで韓国銀行(BOK)が水曜日発表した予備資料によると。

韓国銀行によると、2023年の数値は前年度36,337ドルより減少した2023年の日本の35,793ドルを超えた。 2022年まで、近隣諸国の一人当たりGNIは韓国より高かった。

一人当たりのGNIは、ある国のGDPと海外の純利益を合わせたものを人口で割ったものです。

韓国はGDP計算基準年を2015年から2020年に変更しました。 これにより、2023年に韓国の一人当たりGNIは以前に発表された数値より7.3%増加しました。

他のOECD諸国と同様に、5年ごとにGDP基準年を変更して、人工知能アプリケーションで使用される高帯域幅メモリなどの新しい業界や製品を関連データ編集に追加します。

日本円紙幣

日本円は今年1月初め9.72ウォンから2023年末ウォン1ウォン当たり9.17ウォンに下落した。

一人当たりのGNI基準で見ると、韓国は人口5千万人以上の国のうち米国、ドイツ、イギリス、フランス、イタリアに次いで6位を占めました。

2023年、韓国の名目GDPは1兆8400億ドルで、3月に発表された事前推定値1兆7100億ドルより7.4%増加した。

韓国の名目GDPは世界12位だ。

一部の経済学者は、GNIの成長を意味のある経済成長を示すものではなく、基準年の変化による数値的な増加としてのみ評価しています。

に書く カン・ジンギュ [email protected]

キム・ヨンヒがこの記事を修正しました。

READ  日本MOFの神田、円安の警告
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours