2023年11月18日から26日までに最もよく読まれた5記事

Estimated read time 1 min read

毎日ニュースサイトで11月18日から26日の間に発行された最も読まれた記事の5つを上から下にリストしました。 最初の記事は一般読者の24%が見ました。 (毎日)






(ゲッティイメージズ)


日本で調査された若い成人の70%以上が「電話恐怖症」を持っています。

日本の20~30代のうち70%以上が携帯電話恐怖症を持っているとしたIT企業の調査で現れた。 完全な物語。






2023年10月、スマートフォンの画面に女性の娘がホストと一緒に撮った写真が見える。 女性はこの状況について苦しいことを吐露した。 (毎日/翔太春馬市)(画像一部修正)


「彼は彼女を洗脳した」:東京の女性は、娘が「ホスト」の誘惑に陥り、途方もないタップを打ったと言った。

東京歌舞伎町のナイトライフでは、「ホスト」と呼ばれる男性同僚との接待を提供するクラブで積み上げられた料金を返すために、成業所や街で体を売っている女性が増えている。 女性がトレンドを加速するタブを実行できるようにします。 完全な物語。






ショーズオリーブ研究所が提供した写真には、オリーブ果実とオイルが含まれている。


日一部製品価格50%以上急上昇… 「オリーブオイルショック」日本食卓強打

健康に対する認識が高まり、日本で人気を得ているヨーロッパ産オリーブオイルの価格が急騰しました。 これは地球温暖化によるオリーブ収穫量不足によるもので、今後もこのような状況が繰り返されるという懸念が出ている。 完全な物語。






括弧内の数値は単位体積当たりのアルコール比率である。 メーカーのウェブサイトやその他の情報源から入手した情報です。 (毎日)


1日40gのアルコールは男性の生活習慣病のリスクを高めます。

厚生労働省の専門家パネルは、去る11月22日生活習慣病のリスクを高める純粋アルコールの毎日の投与量を男性の場合は40g以上、女性の場合は20g以上に設定する飲酒指針草案を作成しました。 完全な物語。






2022年3月静岡県富士宮から見える富士山。 (毎日)


富士山爆発による火山灰により、東京首都圏住民の60%への供給が遮断されることがある

東京 – 1707年に富士山が爆発したとき、火山灰は2週間現在、東京の一部である江戸市に落ちました。 もし未来に似た爆発が起こるとしたら、最悪のシナリオは何だろうか? 完全な物語。



READ  川崎は遅い浦和同点ゴールにもかかわらず日本のタイトルを維持
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours