2023 NPB フィーリングバイブル賞

1 min read

SISは2023年にNPB Fielding Bible Awardsの優勝者を発表することを嬉しく思います。 今シーズンは、私たちがNPB最高の守備選手に賞を授与する4番目のシーズンです。 理想は、統計分析、視力検査、および利用する他の要因を考慮する専門家パネルによって選択されます。

また、NPB初年度の防衛選手賞受賞者を発表します。

今年の優勝者は

場所 名前 チーム
今年の選手 出会いの傾向 日本ハム
1B デビッド・マッキナン 西武
2B 吉川直樹 読売
3B 宮崎市へ 横浜
春夏シーズン ゲンダ・ソースケ 西武
LF コンドケンスケ ソフトバンク
CF ちかもとこじ 阪神
RF 出会いの傾向 日本ハム
おしろたくみ 読売
山本吉信 オリックス
複数位置 角智誠 読売

今年の守備選手

日本ハム右翼数 出会いの傾向 私たちの最初のNPBは今年の守備選手です。 マンナミの右翼数守備得点18回は、2023年右翼数で断然最も多くの守備得点を記録しました。

MannamiがRuns Savedを達成した原動力は彼の投げる腕でした。 彼は合計12の外野のアムラン貯蔵を記録しました。 これに対して、MLBのOutfield Arm Runs SavedのリーダーであるNolan Jonesは11を記録しました。

Japan Baseball Weekly Podcastの受賞者John Gibsonは、「外野手にMannamiのような選手を置くことは、優れたミドルラインバッカーを置くのと同じです」と語った。 「彼は多くのプレーを繰り広げるスピードを持っており、ベースにいるランナーたちも倒すことができます。 腕は強いだけでなく、魔法のような外野アシストを作り出すことができる足のノリと精度も備えています。 MLB口径の腕です。 日本の速いランナーたちも、試合後半の状況で必死でない限り、ボールが自分の思い通りに流れると速度を遅くします。

他の受賞者

読売はキャッチャー3人の勝利を収めた。 おしろたくみ2塁手 吉川直樹そして私の野獣 角智誠マルチポジション賞を受賞しました。

Ohshiroは、リーグで最高のストライクゲッターの1人として評価され、全体的な防衛優秀性を測定する防衛ランスセーブですべてのキャッチャーを導いた。 Yoshikawaは彼の場所でRuns Savedで2位を獲得しました。 角脇は各席でパートタイムでプレーしたにもかかわらず得点保存部門で3塁手1位に上がり、遊撃水のうち2位を占めた。

西武遊撃水 ゲンダ・ソースケRuns Saved部門の先頭を走っているのが4年ぶりに3回目の受賞を獲得しました。 彼のチームメイト、1塁手 デビッド・マッキナン 優勝した唯一の元MLB選手でした。 MacKinnonは、第1塁手で受賞した選手の中で最も多くの得点を記録しました。

横浜三塁手 宮崎市へ その場でギリギリのチケットを手に入れました。 外野手の出会いに合流したのはソフトバンク左翼数だった。 コンドケンスケ 阪神中堅水 ちかもとこじ。 KondohはDefensive Runs Savedで自分のポジションを導きました。 チカモトは、受賞資格のある選手のうち、中央フィールドの先頭で1点セーブを記録し、守備得点セーブでNPBをリードしたチームの優れた選手の一人でした。

仕上げはオリックス投手だった 山本吉信 彼は今シーズンNPB最高の投手日だけでなく、最高の守備投手の一つでした。 ヤマモトはオリックスによって出版されたばかりで、MLBチームが彼を獲得するのとは大きな契約を結ぶでしょう。

Bobby ScalesのSIS野球部門の副社長は、「メジャーリーグシーズン中にエリートレベルで活躍できる欲求、身体的スキル、精神的鋭さ、そして持久力」と述べました。 「これがエリートディフェンダーを定義することです。 この10人はエリート守備力を見せ、NPBシーズン中に一部を見せました」

当社のエキスパートパネルは、NPBメディアであるJim Allen(Japan Baseball Weekly)、Jason Coskrey(Japan Times)、John Gibson(Japan Baseball Weekly)、Yuri Karasawa(Yayu Cosmopolitan)で構成され、Brandon Tew(Sports Info Solutions)の助言を受けました。 。

2006年に始まったNPB Fielding Bible Awardsの歴史は、次のウェブサイトでオンラインで入手できます。 FieldingBible.com

READ  スケーターは全国選手権大会の1日前にプログラム作業を行います。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours