2024年、セガサミーの佐藤美智が2024年に日本の50代金持ちに選定 – IAG

1 min read
印刷に優しい、PDF、電子メール

セガ・サミー・ホールディングス(Sega Sammy Holdings)の会長兼グループの最高経営責任者(CEO)であるサトミ・ハジメ(Hajime Satomi)は、2024年にForbesリストに名を連ねた2人のパチンコ業界のベテランの一人です。 日本で最も裕福な50人

佐藤美の財産は2023年に13億ドルから10億6千万ドルに減少し、今年のリストで47位に上がりました。

82歳の彼はSammy Corporationを設立し、1975年に最初のパッチスロットマシンの販売を開始しました。 2004年、Sammy Corpがビデオゲーム大企業Segaの支配持分を買収した後、Sega Sammyを設立しました。 国内複合リゾートパラダイスシティ持分10%。

しかし、フォーブス(Forbes)によると、サトミの財産は近年徐々に下落し、2007年には最高15億ドルに達しました。

今年のランキングでより高いところには、浮島島裕之(Hideyuki Busujima)とその家族があり、彼らの財産は39億ドルで12位に十分です。

秀之はパチンコ機械メーカーである三京の会長であり、2016年10月に亡くなった会社創設者の国雄武島の息子です。 しかし、Forbesは39億ドルの計算に彼の2人の姉妹の持分が含まれていると指摘しました。

今年の日本の50代金持ちリストで1位はユニクロの柳井忠(380億ドル)であり、ドルベースで最大の上昇を見せたソフトバンクグループの孫正義(Masayoshi Son)は61億ドルを追加して財産を270億ドルドルに増やした後、再び2位に上がりました。

フォーブスは、名簿に上がった16人の財閥の財産が1年前よりも高まったと明らかにした。

READ  Honnoldが米国ソフトボールWNTとして指名し、日本で競争する予定
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours