2024年AIと技術学生のための日本インターンシップ

1 min read

  • 適正

  • 申請者は、OECD / DACリストにリストされている国(中華人民共和国を除く)の市民権を保有しなければなりません。

    あなたの国が以下のリストにあることを確認してください。

    DAC ODA受益国リスト
    始める

  • 採用人数

    会社あたり1~5人募集します。

  • インターンシップ期間

    2024年8月~12月(約1ヶ月)

    *具体的な期間は、主催者との協議を通じて決定されます。

  • 申請締切

    ITエンジニアサポート締め切り:2024年6月20日(JST)
    AIエンジニアサポート締め切り:2024年6月30日(JST)

  • インターンシップの配置

    • 日本に本社を置いて所在する会社(産業協会、非営利法人、地方自治体を除く)

    • 主催会社は、行政室のマッチングと審査委員会の承認を経て決定されます。

  • インターンシップ活動事例

    • Digital Transformation/AI技術を活用した新事業開発など

    • 海外市場向けのWebデザインや制作など

    • インターン諸国の市場調査/マーケティング。

    • 海外市場向けのサービス開発など

  • 申請要件

    申請者は、次の要件をすべて満たす必要があります。

    • 「プログラム」の目的に合致し、インターンシップへの参加を通じて、日本企業の国際化努力、海外ビジネスの拡大、海外大学とのネットワーク構築に積極的に貢献することが求められます。

    • OECD / DACリストにリストされている国の市民権を保持する必要があります(中華人民共和国を除く)。

    • 英語や日本語でコミュニケーションが可能でなければなりません。

    • 企業でのインターンシップと研修に専念でき、行政室に提出された活動計画に従って予定された活動に参加できること。

    • 個々の会社が指定した追加要件を満たす必要があります。

  • インターンシップのスケジュールとサポート手順

    [1] ITエンジニア

    • 2024年5月1日~6月20日:

      申請期間
      説明会に参加する(オプション)

    • 2024年6月22日と23日:

      コーディングコンテスト

    • 2024年7月:

      コーディングコンテスト、高得点参加者向け有望企業インタビューマッチング

    • 2024年7月末:

      インターンシップ企業選定

    • 2024年8月上旬:

      オンライン事前トレーニング
      オンライン事前トレーニングに参加

    • 2024年8月末から12月末まで:

      日本インターンシップ
      学生は日本に来てインターンシップ(約1ヶ月間)を始めます。
      具体的な日付はインターンシップ会社と協議して定める予定です。

    • 2024年12月:

      日本インターンシップ
      学生は日本に来てインターンシップ(約1ヶ月間)を始めます。
      具体的な日付はインターンシップ会社と協議して定める予定です。

    [2] AIエンジニア

    • 2024年5月1日から2024年6月30日まで:

      申請期間
      説明会に参加する(オプション)

    • 2024年7月:

      1次選抜(書類など)、有望企業マッチング面接

    • 2024年7月末:

      インターンシップ企業選定

    • 2024年8月上旬:

      オンライン事前トレーニング
      オンライン事前トレーニングに参加

    • 2024年8月末から12月末まで:

      日本インターンシップ
      学生は日本に来てインターンシップ(約1ヶ月間)を始めます。
      具体的な日付はインターンシップ会社と協議して定める予定です。

    • 12月~2024年2月:

      インターンシップ後
      アンケート、インタビューなどに参加してください。
      プログラム終了

  • インターンキーサポート

    • 生活費:滞在期間中1日3,000円

    • 往復航空料金、滞在期間中の宿泊、現地交通費のサポート

    • インターンシップ事前トレーニング

    • インターンシップ保険

  • インターンの主な仕事

    • 会社の代表と協力して、インターンシップ計画(両当事者の役割と目標を含む)を開発します。

    • 事前教育に参加し、結果を発表します。

    • 行政室および主管会社と積極的にコミュニケーション、報告、協議し、安全衛生管理を図ります。

    • インターンシップ期間の前、途中、後に必要な書類、通知、レポートを提出してください。

    • 日本政府の公的資金で資金を受け取るプロジェクトに参加者として認識を示してください。

*本プログラムは実務経験の機会を提供し、就職を意味しないことを参考にしてください。 非正規職や時間制労働者に代わるものではない。
*このインターンシッププログラムは、日本経済産業省METIの後援を受けます。
* 本プロジェクトの運営は、METIからFourth Valley Concierge Corporationに委託されました。

PDFダウンロード

READ  Googleはメッセージと電話アプリのデータを静かに収集していました。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours