2024 Billie Jean King Cup予選で日本、ブラジル、ルーマニア、スロバキアの印章

Estimated read time 1 min read

Gainbridge PlayoffのBillie Jean King Cupが進行中で、4カ国が来年4月に予選参加券を予約しました。

今週末の8試合は5戦2選勝制で構成され、絶食4試合とダブルス試合で構成され、すべての同点は2日間にわたって行われます。

4つのプレーオフの試合が土曜日に終わり、最終的な試合は日曜日に決定されます。 これまでの作業をまとめると、次のようになります。

JAPAN SEAL スリリングな勝利

日本とコロンビアの1-1引き分けで開幕戦が終わった後、東京での試合は全部であり、今回の同点では勝者を探すために決定的なダブルス試合が必要でした。

Camila OsorioはNao Hibinoとの戦いでわずか57分で6-2 6-0で勝利し、コロンビアを心地よくスタートし、Mai HontamaはホームチームでMaria Herazo Gonzalezを6-2 6-2で勝利しました。

ホームチームは青山修子と柴原恵奈がコロンビアのオソリオとユリアナ・リザラソ・デュオを7-5 6-2で勝ち、勝負を選ぶためのダブルス勝負次期に帰結した。

HADDAD MAIAは自分のクラスを示しています。

ブラジルのベアトリス・ハダッド・マイア(Beatriz Haddad Maia)は、今週末のビリジンキングカッププレーオフに参加する最高ランキングで、世界11位の彼女はブラジリアで韓国を相手に勝利を収め、自身のクラスを強調しました。

開幕日の絶食2試合すべて勝利し、ホームチームが同点を決めた中、ハダドマイアは1時間6分でパク・ソヒョンを6-2、6-1で破ってブラジルの勝利を終えた。

Correio Brazilienseが引用したHaddad Maiaは、「自宅での試合は非常に特別です」と述べた。 「世界中をたくさん旅行してみると、家にいるような快適さを感じるのは非常に難しいですが、あなたのエネルギーを受けることは私だけでなく、ここにいるすべての人にとって非常に特別です。私たちがあなたに多くの喜びをもたらすことができるを願っています。」

ルーマニアとスロバキアの行進

ルーマニアはクラリエボでセルビアに対して圧倒的な試合を繰り広げ、Jaqueline Cristianの3セット勝利で遠征チームの同点を終えました。

開幕戦ルーマニアが2-0に先んじた中、ローララディボエビーチがクリスチャンに1セットで敗れた後、反撃してホームファンに希望を与えたが決定的なセットは遠征選手が7-5 4-6で勝利した。 7-5で勝利すると、ルーマニアが3年連続予選に進出できます。

ブラチスラヴァでは、スロバキアの世界ランキング610位のレナタ・ジャムリコワ(Renata Jamrichova)が、アルゼンチンの世界ランキング78位のナディア・ポドロスカ(Nadia Podoroska)に対して素晴らしい勝利を収め、ホームファンの歓声を受けました。

Jamrichovaの6-4 6-1の勝利で、Viktoria Hruncakovaは同点を終える機会を得、彼女は3-6 6-4 6-4の勝利を収め、スロバキアを予選に進出しました。

バレッジに対する衝撃的な敗北

イギリスのジョディ・バレッジ(Jodie Burrage)は今年のWTAランキングのトップ100位に入ったが、ロンドンで売り切れた観客の前でスウェーデンのカザリナルもペルソン(Kajsa Rinaldo Persson)を相手に素早く出発してから迷子になった。

Burrageの強制エラーの数は31に達し、彼女は印象的な勝利を収めた一貫したPerssonに対して6-4 6-1で敗れた。

ペルソンは「本当に特別で、祖国のためにプレーすることはいつも栄光」とし「私のキャリアで最大の勝利の一つ」と話した。

Katie Boulterは、Caijsa Hennemannを6-2 6-1に勝ち、日曜日の決定戦に先んじて完璧なタイを維持しながら、イギリスに完全な対応を提供しました。

Boulterは「観客の支持は特別なものだった」と述べた。 「明日、多くの人が戻ってくれることを願っています。これが私たちにとって重要です。このネクタイは本当に重要です。私たちは私たちが属していると信じている場所に戻りたいです」

日曜日にすべてプレイ

ウクライナとオランダは、緊張した最初の日の両方のチームが絶食の勝利を収めた後、日曜日にリトアニアで引き分けを再開する予定です。

世界ランキング27位 アンヘリーナ・カリーニナ(Anhelina Kalinina)はオランダのスーザン・ラメンス(Suzan Lamens)を抜いて6-2 6-3で勝利したが、ウクライナのダヤナ・ヤストレムスカ(Dayana Yastremska)はアランチャルス(Arantxa Rus)を相手に6-3 6-2で敗れ、2回目の絶食勝利を収めなかった。

ホームチームはメキシコとの試合2日目に1-1で同点を記録し、ベルギーとハンガリーもシャルルアとの試合初日の絶食試合を共有した後、同点を成し遂げました。

READ  難民を嫌う日本、ロシア戦争後のウクライナ人歓迎
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours