2025万博建設遅延、産業グループ長の懸念

Estimated read time 0 min read

日本のある請負業者グループ代表が、2025年大阪万国博覧会の外国館建設が遅れることに対する懸念を重ねて明らかにしました。

日本建設請負者連盟の宮本洋一会長は、月曜日の記者会見で2025年4月開幕するエキスポについてこう述べています。

宮本は外国館の準備が長期間遅れることについて深い懸念を表明した。

彼は一般的に、特定の条件を除いて、いくつかの展示館がエキスポ期間に合わせて完成しにくいと言いました。 彼はまた、建物を完成させるためには非常に単純なデザインでなければならないか、建物のための資材調達の準備がすでに行われるべきだと言いました。

彼はすでに遅すぎると思う傾向があると付け加えた。

彼はエキスポ会場の建設コストの増加をカバーするための政府の決定に言及しました。 総増加額は500億円、約3億3400万ドルだ。

彼は最近、日本の建設コストの上昇を考えると、これが正しい措置だと述べた。

宮本氏は、政府とエキスポの主催者が困難な状況を解決するために最善を尽くしていることを理解すると述べた。 彼はエキスポの成功のために業界ができるだけ協力すると述べた。

READ  日本キオキシア、高速暗号化コンピューティングスタートアップに参加
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours