2026年ミラノ・コルティーナに向けた日本代表チームの旅程がここから始まります

Estimated read time 0 min read

日本スキージャンプの伝説であり 長野 1998 金メダリスト 原田正彦 自国の冬季青少年オリンピック選手たちに、次のことを使用するよう促した。 江原2024 ための足場として ミラノ・コルティーナ 2026 火曜日(1月16日)。

原田シェフは去る金曜日、韓国で開かれたオリンピック開幕式で日本代表チーム発足式で「選ばれた方々にお祝いを伝える」と話した。

「我が国を代表する日本代表選手として誇りを持ってオリンピックにすべてを捧げてください。

「皆さんが最善を尽くし、ミラノ・コルティーナ冬季オリンピックに出場するために必要な貴重な経験を積んでほしい」

日本が第4回冬季青少年オリンピックを迎え、江原道に選手団69人とコーチングスタッフ49人を派遣する。 競技者 藤井かいと そしてスキージャンパー 佐藤結月 騎手に任命されました。

最初の旅行の一行は水曜日に出発します。

藤井氏は、そのキャンペーンが次の場所で行われることを願っていると述べた。 2018平昌 開催。

「青少年オリンピックを控えてこのようなイベントを行うことになるので、さらに実感が出ますね。 月曜日、江原道で15回目の誕生日を迎える藤井は言った。

「正直、騎手として指名されて驚きました。 しかし、私はチーム全体の雰囲気を作り出すことができることを願っています。

「このスタジアムは平昌五輪が開かれる場所となり、そこで競争できることを楽しみにしています。」

READ  閉鎖期間中に、日本の映画やTVの米国の欲求増加
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours