2028年までに米国の日本豚肉輸出が2億8,100万ドル増加する可能性

1 min read

USDA Economic Research Serviceの研究者は日本の 豚肉の輸入は、2028年までに国の貿易協定によって3.6〜13.9%増加します。 に基づいて グローバル貿易分析プロジェクトモデル研究者らは、この増加により、日本に輸出される米国の豚肉の輸出額がさらに2億8,100万ドルに達する可能性があると推定しています。

日本は現在国内生産を通じて消費する豚肉の50%を生産しているが、ERSは国内豚肉生産者が外国競争者との競争に直面し、日本の豚肉産業に下向き圧力をかけ、生産者を事業から追い出しながらすぐに変更できると指摘しています。 今後6年間、 日本の豚肉生産量は4.2~11.8%減少すると予想される。

作家Eric Davis、Ethan Sabala、Dylan Russell、Jayson Beckmanは、日本の最近の貿易協定の変化は、日本の豚肉市場における貿易パートナーの競争力を高める可能性があると指摘しています。 日本はオーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナム。

「こうした海外競争力の向上は、国内生産量の減少、輸入量の増加につながり、日本の消費者のための安価な輸入豚肉の可用性を高めることができます」

研究者らは、ゲート価格システムが終値税の10%に相当する負担を課していると仮定する次のモデル推定でこれらの変化を見ることができると指摘しています。 2018年基準と比較して、2028年に予想される価値の変化は次のとおりです。

  • 2028年までの日本の豚肉の輸入は、導体および半導体の場合3.6%、生肉の場合12.2%、豚肉加工品の場合13.9%増加します。
  • 日本の国内生産量は、導体と半導体、生肉、加工豚肉製品の場合、それぞれ4.2%、11.6%、11.8%減少します。
  • 日本への総豚肉輸出は、米国、EU、CPTPP、英国でそれぞれ281.0ドル、244.5ドル、232.8ドル、および0.21ドルの価値(百万単位)が増加します。
  • 日本へのこれらの輸出利益の大部分は未加工豚肉セグメントから来ており、米国、EU、CPTPP、および英国ではそれぞれ168.6ドル、201.3ドル、2億1,050万ドル、および21万ドルの利益が発生します。
  • 残りの利益は主に加工豚肉セグメントで発生し、米国、EU、CPTPPではそれぞれ1億1230万ドル、4310万ドル、2230万ドルの輸出が追加されます。 イギリスは現在この分野で競合していません。
  • 導体および二分導体セグメントは非常に小さく、このセグメントの輸出の増加は各国の総豚肉輸出にわずかな影響しか及ぼさないでしょう。
  • 米国、CPTP、およびEUの社会的福祉は、それぞれ5,930万ドル、3,280万ドル、1,780万ドル増加します。

また、研究者らは、米国-日本貿易協定が存在せず、米国が日本の世界貿易機関ゲート価格関税システムの適用を受けた場合、米国豚肉輸出の見通しを調査しました。

「この仮想シナリオでは、結果は、2028年の米国市場シェアが34%から23%に低下し、米国が日本の他の貿易協定パートナーに市場シェアの大部分を失うことを示しています。総価値はまた、2018年のレベルで3億8,590万ドル減少します。

READ  「Fab 4」サプライチェーン早期警報システムの議論
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours