エンターテインメント

2028年ロサンゼルスオリンピックで「忍者戦士」大会が登場することができる

TBS(Tokyo Broadcasting System Television)は、シグネチャー「サスケ」(別名「忍者戦士」)障害物コースシリーズが来る2028年ロサンゼルスオリンピックに新たな追加を促すことができると発表しました。

日本の5大地上波テレビネットワークの1つを運営する同放送会社は、World Obstacle、FISO(Fedération Internationale de Sports d’Obstacles)およびUIPM(Union Internationale de Pentathlon Moderne)と協力して「Sasuke」などの競争をテストします。 現在、フェンシング、水泳、乗馬ショージャンプ、レーザーピストル射撃、ランニングの5つの分野で構成された現代5種の試合に含まれています。 今年5月、UIPMは、2024年のパリオリンピックに続いて、乗馬のレースに代わる障害物コースをテストすると発表しました。

検討中の2つの障害物スポーツの1つはNinja Competitionsです。 この大会は1997年にTBSが始まって以来、TBSの固定プログラムであり、現在世界160カ国で視聴されている「Sasuke」プログラムから派生しています。 さらに、20以上のローカルバージョンが作成されました。

最初のテスト大会は2022年5種競技ワールドカップ決勝に続き、6月27日と28日トルコアンカラでUIPMとFISO主管で開催されます。 TBSはヨーロッパで「Sasuke」形式のローカルバージョンを撮影するために使用されるNinja Warrior障害物コースを提供しています。

FISO会長のIan Adamsonは、声明を通して次のように述べています。 障害物は5種の試合で長い歴史を持っており、160カ国以上で数百万人の人々が「Sasuke」の形で走って見守る新しい種目を紹介します。 [Ninja Warrior’] ショーは、すべての利害関係者に視聴者を広げ、オリンピックプログラムでスポーツの魅力を高める可能性があります。

READ  庄司の兄弟、家族の収容所の歴史を強調

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close