トップニュース

2030年の太陽光発電が原子力よりも安いなる見込み:日本政府は推定していない

2011年福島原発事故の後、日本の安全対策コストが急増し、2030年には、太陽光が日本の最も安価なエネルギー源として原子力発電所を追い越すだろうと、政府の推定値が月曜日初めて明らかにした。

経済産業省は、専門家パネル会議で原子力発電のコストが2015年以前の推定値よりも約10%上昇すると予想して、脱炭消化努力で太陽光発電のコストが拡散されることによって下落すると予想した。

2021年6月1日、日本西部岡山県アーカイブとの太陽光発電所を撮影したKyodo Newsヘリコプターで撮影した写真。 (Kyodo)== Kyodo

METIは伝統的に、原子力の利点として、低発電コストを強調してきたが、政府は2050年までにカーボンニュートラルを達成するという計画の一環として、再生可能エネルギーを国の主要なエネルギー源にすることを目標としています。 この夏に改正される基本エネルギー計画。

2015年キロワット当たり少なくとも10.3円であった原発発電推定コストは、新しい原子力安全規則に基づいて必要な措置が施行により、現在、1円以上増加した11.5円以上です。

逆に商業太陽光エネルギーコストは、2015年の推定12.7〜15.6円台で8〜11.5円台に下落すると予想され、家庭用太陽光エネルギーは12.5〜16.4円台で下落すると予想される。 採用の増加に応じて、パネルや関連機器の価格が下落したことにより、9.5-14.5円の範囲で上昇しました。

陸上風力発電のLNG火力発電のための最小推定値も原子力発電よりも低い。 陸上風力発電は、従来予想の13.6円で最低9.5円、石炭火力発電所の二酸化炭素排出量が半分であるガス火力発電所は、13.4円で下落すると予想される。 円〜10.5円。

一方、石炭火力は二酸化炭素の排出を抑制するための措置の費用が増加するにつれて12.9円で13.5-22.5円の範囲で上昇すると推定されます。

この推定値は、空き地に発電施設が建設されて運営されるという仮定に基づいており、土地自体を購入する費用は含まれていません。

METIによると、今後、再生可能エネルギーの導入量、燃料価格や施設の利用率に応じて数値が変更されることがあります。

READ  日本、北朝鮮弾道ミサイル発射を糾弾

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close