2060年には、日本の65歳以上の高齢者5人のうち1人が認知症にかかります。

Estimated read time 1 min read

日本政府は2060年までに65歳以上の人口の約20%が認知症にかかると水曜日に明らかにした。

年齢別5.6人当たり1人という割合は、2060年までに合計645万人が認知症にかかるという意味だ。 これは食習慣改善、禁煙など生活習慣変化を反映し、2015年の調査推定値850万人に比べて減少した数値だ。 保健省によると。

政府は認知症患者とその家族を支援するための対策を秋に終えると予想される。 認知能力障害に関連する疾患を患っている人々をよりよく支援し、生活の質を改善し、社会参加を促進するための新しい法律が1月に発効しました。

ファイル写真は、2022年7月東京渋谷スクランブル交差点の歩行者を示しています。

厚生労働省は2060年までに約632万人が硬度認知障害として知られる認知症初期症状を示すと予想した。 国土部がこのような推定値を出したのは初めてだ。

全患者数は2030年には523万人、国内65歳以上の人口が頂点に達する2040年には584万人に増える見通しだ。


関連プレス:

日本では5~11月、コロナ19による死亡者が1万6000人を超えた。 2023年

日本、懸念が大きくなる中でPFAS化学物質が健康に及ぼす影響研究


READ  日本銀行(BoJ)の調査によると、メーカーはインフレが減少するにつれて経済にとって楽観的であることを示しました。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours