トップニュース

25人の死亡日本の火災容疑者の怪我で死亡

喪者たちは12月初め、日本の大阪にある建物の近くで精神健康クリニックに火災が発生し、しばらく止まった。


写真:

/AP通信

東京―今月初め、日本の精神衛生クリニックで25人の命を奪った火災を起こした容疑者が事故による怪我で死亡したと警察が明らかにした。

12月17日、大阪中心部のある事務所ビル4階で発生した火災は、日本の近代史で最も致命的な事件の一つでした。 目撃者たちは、警察によって61歳の谷本森雄と明らかになったこの男性は、病院の入り口近くで火がついた液体が入った袋を持って通ったと話した。

警察はクリニックで治療を受けた谷本氏が事件以前にガソリンを購入し、タバコライターで火をつけた疑いを受けていると伝えた。

専門家たちは、犠牲者が唯一の確実な脱出口である非常階段の近くで火が燃え、内部に閉じ込められた後、一酸化炭素中毒で死亡した可能性があると述べました。 初期の死亡者数は24人で、他の1人は数日後に死亡しました。

谷本さんは重傷を負って近くの病院に移されました。 彼は現地時間で木曜日の夜に死亡したと警察関係者が言った。

警察は谷本氏の家を捜索していた中、2019年大阪近くの京都で36人が死亡した類似の防火事件に関する新聞記事を発見したと明らかにした。

警察によると、谷本氏はガソリンスタンドの職員にバイクにガソリンが必要だと述べた。

タニモト氏は、診療所から数マイル離れたところに一人暮らし、隣人は彼とほとんど接触していないと言った。 警察は事件当日、谷本氏が自転車に乗って病院に行ったと見ている。 警察は、ある男性が自転車の後ろにコンテナを結び、自転車に乗る姿を収めたCCTV映像を公開した。

書く Alastair Gale(@wsj.com)

Copyright ©2021 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved. 87990cbe856818d5eddac44c7b1cdb8

READ  勢いで3連勝主導神聖横浜マFWジュニオール・サントスがマリノスサッカー体現(毎日新聞) - Yahoo! - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close