トップニュース

3人のベトナムの企業家が日本のAI産業に飛び込む

日本の名古屋 – 日本で三人の若いベトナム人が設立したソフトウェア開発スタートアップ日本企業が、しばしば見落とされるの詳細を満たして大きなチャンスをキャッチします。

Nguyen Cong Thanh鉢ス社長は流暢な日本語で「中小企業でも簡単に使用できるシステムを提供したいと思います」と言いました。

Hachixは2017年7月愛知県名古屋で資本金500万円(当時約$ 43,600)で設立されました。 資本の半分はThanhと他の二人の共同創設者で、残りは、彼らが知っているビジネスマンが設けました。 この会社は、小売業者、製造業者、および情報技術のサプライヤーのための人工知能とデータ分析システムを開発して販売します。

Hachixはフレーズの販売を予測し、分析するためのソフトウェアを提供しています。 センサーを使用して生産ラインを監視する工場に物事のインターネットシステムを提供しています。 また、工場労働者の配置を最適化するために、センサから得られたデータを提供しています。

Thanhは「私たちは、可能な限り安価にお客様のニーズを満たすために努力しています。」と言いました。

Hachixはフリーソフト、汎用センサーおよびその他のデバイスを使用してオンデマンドシステムの開発コストを削減します。

受注金額は100万円〜250万円である。 クライアントは、ほとんど50〜100人の従業員が中小メーカーです。 そのような多くの会社がまだシステムをコンピュータ化していなかったので、Hachixは、多くの成長の可能性があると考えている。

最初の注文は、食品のチケット販売システムを必要とするベトナムのレストランオペレータから出ました。 Hachixは注文と決済処理のためのタブレットベースのプログラムを作成しました。 Hachixは、市場が既に候補者で賑わっているので、新しいレストランでのみご注文を受けることができていることを知りました。

事業の初年度は “ひどいした」とThanhは言った。

この悲惨な経験にHachixは、メーカーやITベンダーを目標と飲み込む開始し、2018年6月までにHachixは約3百万円の売上高を記録しました。 翌年の売上高は、1600万円だった。

この伝染病は、以降Hachixの成長を弱めるさせた企業は、現在の事業年度に売上高が50%増加すると予想しています。

日本の中小企業と地域革新機構(Organization for Small and Medium Enterprises and Regional Innovation)によると、外国人は名古屋とその周辺では、ITやその他の最先端のビジネスをほとんど起動しません。

Hachixの海外ネットワークを賞賛する名古屋生命科学インキュベーターのYutaka Matsuyamaマネージャーはスタートアップが「品質保証と保守サービスを改善し、大量注文を受けて経験を蓄積し、 “なければならないと述べた。

就労ビザは、多くの場合、日本での事業を開始しようとする外国人を邪魔しました。 外国人がビザを待っている間の資金が不足している場合がありました。 しかし、今の経済産業省主催の下の国家戦略特区制度などのプログラムを使用して、より簡単に取得することができる新規創業ビザを取得することができる。

中央政府と地方自治団体は、外国人が国内産業の活性化を最優先にし、ITなどの先端技術事業への進出を奨励している。 日本は伝染病を通して維持してき公安およびその他の基準により、外国企業にはまだ魅力的です。

ベトナム北部の都市ナムディン(Nam Dinh)で生まれた弾は「中学生の時楽々事業を開始する考えを始めた」と述べた。 ソニーTVを見てホンダモーターサイクルに乗って彼は日本製のブランドの縁を獲得しました。

ベトナムの大学入学試験に合格し、家族の反対にもかかわらず、Thanhは、日本に行くことにしました。

広島市にある日本語学校で勉強している間、Thanhはホテルで皿洗いをして他の仕事をするために仕事をしました。 2005年大阪大学に入学して、情報ネットワークの修士号を取得しました。

Thanhは名古屋の電子・電気機器メーカーのBrother Industriesに入社して6年の間に、多機能コピー機プログラムを開発しました。 ブラザーを辞めた後、彼はスタートアップセミナーやその他のプログラムに参加しながら、自分のビジネスを開始する準備を開始しました。

Thanhは「私に会う100人に1人私たちのビジネスについて話をすることに同意する場合運がいい」と話した。 彼は、自分の電子メールが頻繁に返事を受けられない場合が多く、時折ビジネス会話中に軽蔑的な発言を耳にします。 民族。

Hachixには8人のフルタイムとパートタイムの従業員がおり、すべてベトナム人であり、AI、および他の組み込みネットワークおよびその他の最先端分野の専門家です。 Thanhは「多くの専門家の存在がシステムを迅速に開発し、低コストで提供することができる一つの理由です」と言いました。

日本人採用を検討している会社は、ベトナムのハノイとダナンにポイントを設立する計画だ。 Thanhは「ベトナムでの高齢者に近い人々を助けたい」と顔認証と体温測定プログラムの組み合わせは、新しいおむつなどの医療システムの開発を検討していると付け加えた。

READ  発売日を迎えた「Xbox Series X」を体験 - 静かな動作および負荷などの速度が特徴 - CNET Japan

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close