トップニュース

3年ぶりに開かれた日本皇室新年挨拶

日本宮内庁は皇室が3年ぶりに伝統的に新年のご挨拶を差し上げると発表した。

エージェンシーは、ナルヒト一王と政子皇后など家族が1月2日、東京・高京のバルコニーに現れる予定だと伝えた。

しかし、機関の関係者は、コロナウイルスの拡散を防ぐために訪問者の数を大幅に削減すると述べています。 関係者は、オンラインまたは郵便で事前に申請した人だけを受け取ると述べた。

申請は水曜日から11月18日まで受け取ります。 申請者は18歳以上でなければならず、申請あたり最大2名が招待されます。

関係者は、皇室の家族が朝3回、午後3回バルコニーに現れると言いました。 訪問者数は一度に約1,500人に制限されています。 彼らはまた、申請が制限を超えた場合、抽選を行うと言います。

2020年新年挨拶のために68,700人以上の幸運を祈る。

消息筋によると、天皇と皇后の娘である愛子姫が新年初の姿を見せると予想されます。 昨年12月20歳になった彼女は皇室の大人になった。

READ  日本全土の物語作り

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close