経済

3日本​​の首相希望者は高齢者に年金システムのために働き続けることを促します。



日本の自民党の大統領選挙に出馬した河野太郎、岸田文雄、高市早苗、野田聖子の4人の候補が9月9日、東京自民党本堂で党員と市民とオンラインディスカッション・フォーラムをしている。 2021年2月23日。 (教徒)

東京(教徒) – 木曜日、日本の次期首相候補4人のうち3人が、日本の急速な高齢化の中で、持続可能性を確保するために、より多くの高齢者が仕事を維持して、公的年金制度に貢献するように促した。

岸田文雄前外相、ダッカ市早苗前総務相、野田聖子元男女平等相9月29日自民党の大統領選挙のオンラインタウンホールミーティングで、65歳以上の高齢者が働き続けなければならないと述べた。 そして年金保険料を出します。

高井値約100人の市民がオンラインで参加する会議で、政府が企業に70歳になるまで人々を継続雇用するように義務付けできると言いました。

Kishidaは年齢が労働者と退職者を区別する唯一の基準になってはいけないと言いました。 彼は「意志と能力があるお年寄りが制度のスポンサーで一緒にしてほしい」と語った。

野田は年金制度の将来に対する懸念が高まる背景には、私の出生率があり、この制度を担わなければならない人々の数を増やすことが重要であると言いました。

政府のデータによると、65歳以上の人口は、総3,640万人で、日本全体の人口の29.1%を占め、史上最高レベルです。

一方、第四候補の河野太郎(高野太郞)予防接種の代わりには具体的な言及はせず、国民年金のための材料を提示した後、政府がさまざまな案を提示して国民と議論することが重要であると述べた。

河野議員は「私たちが守らなければならないことは年金制度自体ではなく、将来の年金生活である。

Konoは保険料の代わりに税金収入で全額を調達することができる公的年金の最低部分を確保するように提案した後、候補者からの質問を受けました。

Konoはまだ提案の財源の規模と消費税引き上げの可能性のマージンを示しませんでした。

一方、岸田議員は現在、10%の消費税を今後10年間上げないと明らかにした。

自民党は、現在、強力な下院の原因衆院を掌握している菅義偉(菅義偉)首相の後継者を事実上決定する。

木曜日の90分のセッションで4人の候補者は、コロナウイルス感染症、経済、財政政策、社会のデジタル変換及び社会保障に至るまで、さまざまな問題について、市民の質問に答えました。

自民党はコロナ19大流行状況を勘案し、伝統的に大統領選挙候補のデマをしていた代わりに、日曜日から4日までの仮想会議を仮想形式で進行する。

4人の競争相手は、金曜日の外交、国家安全保障、環境およびエネルギーを集中して、土曜日には、災害リスクの軽減、国家復元力、観光振興、農業や水産業に重点を置く予定です。

日曜日には、改憲、少子・人口減少対策、地域活性化、体育・文化振興、教育・人的投資などについて意見を交換する予定である。

READ  市場がFedテーパーベットを維持によりドルは、ほぼ3年ぶりに対円で最高値を記録した。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close