エンターテインメント

3日間開かれる日本映画祭、都心で開幕 – 新聞

KARACHI:世界で最もおいしい食事は、母親が愛で調理したものと比較することはできません。 塚本レンペイ監督の日本映画弁当嫌がらせは、高校生娘の反抗的な態度に怒った未婚の母が学校に持っていく愛のメッセージが入った弁当を準備するまでの話です。 毎日彼女と一緒になり、結局絆が深まります。

この映画は10日、日本情報文化センター(JICC)で開幕した今年の日本映画祭で初めて上映された。

この祭りは、カラチ日本総領事館と日本財団が共同で主催する年次イベントです。 3日間開かれる今年のフェスティバルでは、明太子、玉羊目探し、高津川、ポップインキューなど5本の映画が上映されます。

就任式で流暢なウルドゥー語を駆使する芦田勝典州カラチ日本副総領事は映画を通じて他の文化も学べると話した。

Bento Harassmentについて、彼は次のように語った。 日本のお弁当やお弁当には、いつもご飯のボウルと卵料理、オムレツ、鶏肉などがありました。」と彼は言いました。

映画のテーマに至ると、彼は子供たちが幼い頃に両親にかなり従順ですが、成長し、時には両親に反対する姿を見ることになると言いました。

「この映画は、母親と娘との間の問題のある関係に関するものでもあります。 また、日本での学校生活や学校を終えた後、青少年たちの挫折と野望についても話します。 来週出発します。

上映後、ゲストは目にはブラックオリーブ、唇にはニンジン、甘い一枚を使った卵チャーハンのフェイスメイクと一緒に、最もおいしい和食を創造的に提示した実際のお弁当の形の特別なおもてなしを受けました。 小さな鼻のためのトウモロコシとブロンドの頭のように見えるように追加された多くの麺。

2022年11月16日早朝発行

READ  「MステウルトラSUPERLIVE "歌唱曲発表の嵐SPメドレー| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close