スポーツ

3番ウッドに塗料を塗りすぎて失格となった松山

ダブリン、オハイオ – 元マスターズチャンピオンの松山秀樹(Hideki Matsuyama)は、木曜日の管理者が彼がアライメントに使用している3番ウッドの表面に塗料を塗りすぎたと判断して失格となりました。

2014年PGAツアー初優勝でメモリアルを獲得した松山がPGAツアーで失格となったのは今回が初めてだ。

主審のSteve Rintoulは、ルール関係者が知っていたと述べた。 10本の小さな行 彼の3番ウッドの顔に円を形成します。 松山はミューアフィールドビレッジでちょうどティーショットをして、2番目のホールで接近しました。

不適切なクラブは、使用していない限りバッグに入れておいても大丈夫です。 松山は開幕ティーショットに使ったと言った。

Rintoulは、彼が日本のスターと話し、クラブの写真を撮るために5番目のフェアウェイで彼に会ったと述べた。 その後、彼はUSGAとツアーの装備標準リーダーを連れて確認し、結果は失格でした。

起源の後

アライメントアシスタントが問題ではなく、線を作成するために使用された材料がボールの飛行に影響を与えるのに十分な厚さでした。

規則4.1-a(3)によると、選手は「(掃除を除く)クラブヘッドに物質を塗り、ストロークの実行に影響を与える」変更されたクラブでショットを打つことはできないと述べています。

Rintoulは、この材料を紙の印刷上のエラーを修正するために使用されるホワイトアウトと説明しました。

彼は「白が多かった。」クラブの表面に非常に付着していた白くなる物質は、実際には許容できない機器の規則に非常に明白です。

彼はイエスを閉じ、爪でクラブの顔をこすったと言った。 一方の方向では、塗料を感じることができ、もう一方の方向では感じることができませんでした。

彼は「顔に埋まった部分を挙げられるほど厚かった」と話した。

Rintoulは、ゴルフ業界で自分の身元を明らかにすることを拒否した誰かが数日前に撮影した松山のクラブ写真を指摘したと述べた。 彼らは松山が大会でクラブを使用するのを防ぐために遅すぎます。

起源の後

「しかし、最初のホールで損傷が発生しました」とRintoulは言いました。 「当然ヒデキにとっては不幸な状況に過ぎません。」

松山は9ホール(3オーバー波)を終え、コメントなしで去った。 彼の次の大会は2週間後のUSオープンだ。

___

その他のAPゴルフ:https://apnews.com/hub/golfとhttps://twitter.com/AP_Sports

著作権2022 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なく出版、放送、再作成、再配布することはできません。

READ  日本、事例の急増により、ウイルス緊急地域を追加拡張| スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close