3番目のH3ロケットが正常に発射されました。 Daichi-4衛星が軌道に入る(アップデート2)

1 min read

読売新聞
3番目のH3ロケットが月曜日に鹿児島県谷鹿島宇宙センターで捕獲されました。

日本の新主力ロケット系列の一部である3番目のH3ロケットが、月曜日の正午直後、鹿児島県の谷間島宇宙センターで首尾よく打ち上げられました。 地球観測のための政府衛星を載せました。

ロケットは計画された軌道に到達し、Daichi-4高度な地上観測衛星がロケットから分離されました。 これは2月に続くH3の2番目の成功した打ち上げであり、新しいロケットの実用化に向けた重要なステップを表します。

日本宇宙航空研究開発機構によると、長さ約57mのロケットが予定通り午後12時6分宇宙センターから離陸しました。 1段と2段エンジンが順番に点火し、H3は空に上昇しました。 発射後約16分で約613kmの目標高度に達し、ダイチ-4を放出しました。

H3は、この会計年度に退役する予定のH2Aロケットの後継モデルです。 JAXAと三菱重工業(株)が共同で開発した新しい主力ロケットで、今後20年ほど日本の宇宙輸送で中心的な役割を果たします。 この新しいロケットは、H2Aより約30%重い搭載物を発射することができ、さまざまなサイズの衛星を収容できます。 JAXAは、衛星発射のグローバル需要を捉えるためにH2Aに必要な約100億円の発射価格を半分に下げることを目指しています。

しかし、H3は昨年3月に初発射失敗で大変な出発をしました。 今年2月の2番目の打ち上げは成功しましたが、最初の2つのロケットは「テスト車両」と見なされ、3番目のロケットは完全な操作のために打ち上げられた最初のロケットでした。

この会計年度に、H3は道のり、準天政衛星または時々「日本GPS」と呼ばれるものを軌道に乗せる予定です。 次の会計年度とそれ以降は、ロケットが国家安全保障のための衛星を宇宙に運び、月の極地で水資源を探査する探査船など、日本の重要な科学任務にも参加すると予想されます。

一方、重量約3トン、高さ6.4mのダイチ-4号は軌道に首尾よく進入しました。 この衛星には高性能レーダーが装備されており、夜や悪天候でも地上の被害を詳しく評価することができます。 この衛星は、失敗した打ち上げで最初のH3ロケットで失われたダイチ3に続くシリーズの次の衛星です。 設計寿命を超えた後も引き続き作動中のダイチ-2の後続衛星になる予定です。



READ  小惑星が衝突したときに恐竜が減少したと卵研究で言う。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours