技術

30年が過ぎた今も、ドイツのキノコはまだチェルノブイリの兆候を示しています。

過去6年間、ドイツで収集された野生のキノコのサンプルの約95%が1986年チェルノブイリ原発事故による放射能汚染を示したが、法的限界を超えていないと、ドイツの食品安全規制機関が金曜日た。

チェルノブイリ爆発の特徴的な特徴を持ったセシウム-137とセシウム-134同位元素の濃度が高くなり、特にドイツ南部で発見された連邦消費者保護、食品安全局(BVL)が明らかにした。

しかし、テストした74個のサンプルのいずれも、kg当たり600ベクレルの法的限界を超えていない。

現在、ウクライナに位置チェルノブイリ原子炉は数トンの核廃棄物を大気中に噴出出し、これ大陸全体に放射能をまき散らし、より近い地域では、がんの発症を増加させた。

BVLは生態系が栄養を非常に効率的リサイクルするため、放射性物質が森に残っており、野生のキノコが他の農産物よりもはるかに長い時間の汚染を示すものと言いました。

原子力災害の長期的な影響についての懸念は、原子力に対する国民の反対を触発させ、ドイツでは、2011年の日本の福島原発事故直後、原子力を完全に放棄することを決めました。

READ  日本航空、CHAMP APIゲートウェイの実装

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close