スポーツ

30年代配信、100でオンラインを読むニュース、スポーツ、採用情報

Jack Sharp at 100 – 貢献

GAINESVILLE, Fla. — 10月2日から8日まで予定されているNational Newspaper Weekは、新聞社とその従業員の奉仕を認める時間です。

元Steubenvilleの居住者Jack Davison Sharpは、古くからHerald-Starの新聞を過ごしたときでも、そのコインの両面に関連しています。

9月8日に100歳の誕生日を迎えたSharpは、Steubenvilleの216 North St.で育ち、1930年代に新聞配達が彼の最初の仕事の1つでした。 彼は理髪店で掃除して掃除することをし、クリスマスの時にボーナスでなんと15ドルを稼いだ。

彼は自分が金持ちだと思った。

若い頃にニュースを伝えるのを助けた人として、シャープはまだニュースを読むのに忠実であり、サンシャイン州は何十年もの間彼の家であったにもかかわらず、彼の故郷はフロリダから離れていますが、それでも重要です。

Jack Sharp – 1940年Steubenville高校卒業者 – 投稿

SharpはHerald-Starのオンライン版を読んで、そこで何が起こっているのかを追跡します。

1922年に生まれ、WilliamとWillella Davison Sharpの一人娘であるSharpは、51歳の孫Kelly Sharpの助けを借りて、Stubenvilleの良い思い出を持っています。 二人はお互いの隣に住んでいるとケリーは祖父 「聞くのはとても難しい」 第二次世界大戦中に海兵隊で服務して以来。

彼が聞きたいと思う最高のスチーベンビルの思い出と物語の一つは、1935年5月24日、メジャーリーグ野球史上初の夜間試合でした。 PhilliesはCrosley FieldのCincinnatiでRedsとの戦いをしていました。 ホームチームは2-1で勝利した。

Sharpは友人Sheltonと一緒にいたことを覚えています。 「シェリー」 ゲーム中にグッドマンの父の葉巻店。

「お店には野球スコアを表示する4フィート×8フィート程度のボードがありました。」 ケリーが説明した。 「更新されたスコアはティッカーテープとして提供され、JackとShellyはそこで時間を過ごす顧客のために掲示板のスコアを更新しました。」

その歴史的な初日の夜の試合のスコアの更新を見るために野球愛好家たちが席をいっぱい埋めたその夜はスタンディングルームしかありませんでした。

「私はその物語が大好き」 ケリーは言った。

シャープは道を渡って育った。 「Zanesが住んでいた巨大な家で。 彼らには学校の先生になった娘ベティがいました。」 ケリーは指摘した。 近くには夏に少年たちを雇ってアイスキャンディを包むアイスクリーム店がありました。

家族のミルクは馬とバギースタイルで早朝にドアの前に配達されました。 前日の夜、ドアの前に残された空のボトルはいっぱいのボトルに置き換えられました。

寒い朝には、牛乳で作られたクリームが上がり、凍った。 ジャックはそれを取り除き、冷凍スナックのように食べました。 彼の母親は彼を愛していません。

1937年5月16日、ジャックの父親はタール工場の事故で亡くなりました。 わずか14歳のジャックは、新聞放送と理髪店の仕事をしながら家族のためにお金を稼ぎました。 1938年から40年まで、Steubenville高校2、3、3年の時、彼は同じタール工場で午後3時から11時まで交互に働きました。

「高校を卒業する頃、彼は彼の下で働く男性と結婚しました。」 ケリーは、化学滴定のために働いた彼の祖父について話しました。 「Jackは出勤途中で食べ物を食べるためにDelatere(Naple)によく寄りました。 彼が入るとすぐにキッチンに「ジャックのためのミタボールサンドイッチ」と叫びました。 スタッフが足りない場合は、台所に戻って自分で作るように言ったでしょう。 少し早く退勤すれば、セルチャースに立ち寄ってアイスクリームを買っただろう」と話した。

1940年に高校を卒業した後、ジャックは1943年に海兵隊に加わり、サウスカロライナ州Parris Islandの新兵訓練所に向かいました。 1944年6月8日、ミシシッピ・ヘルナンドロ川を渡って高校で会ったナンシー・ジェーン・エリオットと結婚した。

メンフィスで彼はカリフォルニアに行き、ロイナムールマーシャル諸島に行きました。 「当時は草も木もありませんでした。 今リゾートです。 日本行きの飛行機に荷物を載せる ケリーは指摘した。

[1945년4월1일부활절일요일에잭은비행기에탄약을실었지만전쟁은끝났습니다6월에그는일본본토에서노스캐롤라이나체리포인트로귀국하고제대하기를기다리고있었습니다

“잭과 낸시는 오하이오주 인디언 레이크로 휴가를 갔고 그곳을 좋아했습니다. 낸시의 형 윌은 오하이오주 벨레폰테인 근처에 살았다. Kelly는 할아버지의 이야기를 계속했습니다. “Jack은 Follansbee에 있는 타르 공장에 일하러 갔습니다. 그는 용광로 설치자로 견습생이었습니다. 이것이 그가 판금 작업을 시작한 곳입니다.”

1946년 첫 아이인 Margaret Ann Sharp가 태어난 후 가족은 Akron으로 이사했습니다. Jack은 Carlson Construction Co.에서 장인과 함께 클리블랜드에서 건설 일을 했으며 첫 날에는 40피트 상공에서 일했습니다.

1951년에는 두 번째 자녀인 William Elliott Sharp(켈리의 아버지)가 태어났습니다.

잭은 1951년 10월 22일부터 1953년 4월 28일까지 미국에서 한국 전쟁에 참전했습니다.

그때와 1955년 사이의 어느 시점에서 Jack은 “추위에 지쳤다” 그리고 포트 로더데일로 이사하여 Nancy의 여동생이자 남편인 Barb와 Al Teague와 함께 몇 주 동안 살았습니다. 낸시와 아이들은 곧 뒤를 따랐다.

Jack은 대부분의 시간을 마이애미에서 판금 작업자로 일하면서 훌륭한 친구들과 함께 생활을 즐기고 리틀 리그 야구를 지도했습니다.

그들은 최근 플로리다 중북부에서 40에이커를 구입한 동료에게 영감을 받아 1973년 Alachua로 이사했습니다.

부부는 아름다운 떡갈나무 때문에 Alachua에 부동산을 결정했습니다. “지주가 병원에 ​​있었는데 할아버지가 은행에 갈 수 있을 때까지 땅을 구해달라는 50달러와 신사의 악수를 가져왔습니다.” 조부모 옆에서 자랐고 부모님이 이혼한 후 조부모님과 함께 살게 될 켈리는 설명했습니다.

이 건물에는 닭, 소, 돼지, 염소, 새끼 고양이가 있는 농장과 옥수수, 강낭콩, 오이에서 호박, 노란 호박, 토마토에 이르기까지 모든 것을 생산하는 정원이 있습니다.

낸시는 1979년 7월 17일 암으로 사망했습니다. 부부는 결혼한 지 35년이 되었습니다.

Jack은 1980년 3월 28일 Margaret Ann Elizabeth Leonard와 재혼했습니다. 그녀는 2017년에 사망했습니다.

1986년 64세의 나이로 은퇴한 후 Jack은 그의 아들 Bill 및 손자 Kelly와 함께 전국을 여행하면서 전기 변압기 작업을 했습니다.

Jack은 그의 누이와 두 명의 아내와 두 자녀보다 오래 살았습니다. 그에게는 5명의 손자와 6명의 증손자가 있습니다.

100주년 기념행사 “잘 갔다” Kelly에 따르면 약 36명의 친구와 가족이 파티를 위해 모였다고 합니다. 여기에는 몇 가지 깜짝 프레젠테이션이 포함되었습니다. “해병대로부터 그의 봉사에 감사하는 편지를 받을 수 있었습니다.” 켈리가 말했다. 빅레드의 축하 편지와 티셔츠도 있었다.

“아직도 하루에 한두 잔씩은 마신다.” Kelly는 적어도 일주일에 두 번은 베이컨과 아이스크림을 포함하는 할아버지의 다이어트 필수품에 대해 말했습니다.

그리고 고향에 대한 그의 관심은 결코 식지 않습니다. Jack의 마음은 여전히 ​​Steubenville에 있으며 그의 손자는 동의합니다.

그리고 신문은 그를 계속 연결시켜줍니다.



받은편지함에서 오늘의 속보 등



READ  レッドブルF1代表 "1ストップのレースがF1を退屈している"[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close