トップニュース

300万ポンド規模の原子力ロボット契約はLongOps UK-Japan取引の最初のトレンチです。

英国原子力庁(「UKAEA」)は、Veolia Nuclear Solutions(UK)とWälischmillerEngineering GmbHはRACE研究施設にロボットマニピュレータアームを供給するために、合計300万ポンドの別途契約を締結しました。

3百万ポンドの契約は今年1月に発表された「LongOps」と呼ばれる核融合エネルギーと核解体研究のための英国 – 日本のロボット工学の契約1200万ポンドから始まったものです。

LongOpsは、日本のTokyo Electric Power Company( “TEPCO”)福島第一現場と英国のSellafieldでより速く、より安全な解体をサポートします。

Veolia Nuclear Solutions(UK)とWälischmillerEngineering GmbHは、それぞれLongOpsプロジェクトの重要な側面を提供するために電気制御システムを備えた運動通信技術の一形態であるツインアームハプティックアクチュエータを提供します。 マニピュレータはまた、UKAEAのSellafieldとFukushimaに基づいてオペレータを教育するために使用されます。

また、LongOpsの開発は、Joint European Torus(「JET」)のような融合装置のアップグレード、保守、解体に適用されます。

4年の間LongOpsコラボレーションは、オックスフォード近くCulham Science CenterのUKAEAの挑戦的な環境のリモート・アプリケーション(「RACE」)ロボットのテスト施設が主導します。

LongOpsは、英国の研究と技術革新(「UKRI」)、イギリスの核解体局( “NDA」)とTEPCOで均等に資金を支援されます。

編集者注:

LongOps情報

2021年1月、英国と日本は、原子力解体と核融合エネルギー生産の側面を自動化するのに役立つLongOps研究と技術の展開の協力を発表しました。

従来の核施設と核融合施設の解体は、安全に実行するために時間がかかる複雑な大規模なプロジェクトです。 ロボット工学とデジタルツイン技術は、人体の健康に危険ずに効率的に実行するために重要な役割をします。

世界をリードするLongOps同盟は、日本と英国の核融合研究と核施設の解体に新しいロボット工学自動化技術が適用されます。

LongOpsの詳細情報です。

Veolia Nuclear Solutions(英国)情報

Veolia Nuclear Solutionsは、原子力施設の掃除や放射性廃棄物の処理の分野で世界をリードする企業です。 放射性廃棄物の施設復元、解体、処理活動を開発するための最も包括的な技術、専門知識、およびサービスを提供しています。

WälischmillerEngineering GmbHについて

WälischmillerEngineeringは、高放射線やその他の危険な環境のためのマニピュレータ、遠隔処理システムとロボットの世界的なメーカーです。 同社は世界中の複雑なプロジェクトに参加しています。 60年以上Wälischmillerは、原子力技術と産業の分野の市場分野のための世界レベルの革新的な機器を生産してきました。

READ  [로즈 S]3番人気のリアアメリアが勝利| 競馬ニュース - netkeiba.com

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close