スポーツ

31歳の “戦力外通告”巨人・田原誠次 “143試合中128試合で投げ男」… 2年前に契約の更新で”事件 “は – 募集|プロ野球 – Number Web

「今日も田原投げるか……」

背番号37が呼び出されると、腸内に響くのは、登場曲レッド・ホット・チリ・ペッパーズの「Around the World」その頃、東京ドームに行くたびにマウンドに上がる田原誠次を見ていた気がする。

第2次原政権が終わって引退し、すぐに高橋由伸監督が就任した巨人は、V3時代の主力選手が高齢化世代交代も付いていた。 最強捕手阿部の時代が終焉岡本和真もまだ2軍育成中であり、2016年開幕戦巨人スタメンは「4番ギャレット5回クルーズ」である。当時最も話題になったのは、スタンドから観戦するマイコーラス嫁ローレン氏”野球場に行けば会える美人妻”とその野球に全く関係ないだろ……なんて正直攻撃は粘着性である。

1800万円」の最も有益な中継ぎ “


今振り返ってみると、完全にチームの過渡期である。 16年のシーズンは、広島カープ独走を許しエース菅野ユキは最優秀防御率と最多奪三振のタイトルを獲得したが、打線の支援を全く与えず、社無……ではなく、救いのチームが刺さって乗数を引くことも多く、プロデビュー以来、最悪の9勝にとどまった。 そんな時代に雨の日も風の日も、いつも静かに腕を振っサイド右腕が田原誠次だったのだ。 速球があるのも絶対的な賞金ショットを持っていたわけではない。 ストレート、スライダー、カーブ、シンカーを混ぜ巧みに打者を調理して、当時の年俸はわずか1800万円。 「ジャパネット田原この男、巨人の最も有益な中継ぎ」とコラムを書いた記憶がある。

田原は菅野と小林セージのような89年生まれ。 11年ドラフト7位巨人入る。 12年の新人今年32試合投げチームの新人として50年ぶりに二日連続の勝利を記録した。 しかし、2年目は、腰痛に苦しんでオフにFA人的補償候補に報じられた。 以降低迷も15年秋ヤクルトとのクライマックスシリーズでは4試合に登板。 跳躍の契機となって由伸新監督が就任したプロ5年目の16年働いても働いて古い熱血営業マンのように投げ挙げた。

「椅子づくり」→奇跡的なドラフト指名

率直に言って、アマチュア球界では、長い間、無名の存在でプロ入り後、チームを代表するスター選手ではない。

[다음 페이지]「椅子づくり」→奇跡的なドラフト指名

READ  Dina Asher-Smith、FBK Gamesで女子100mで優勝し、東京オリンピックの場所予約| オリンピックニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close