技術

319Tbpsで日本、3,000kmで最速のインターネットの速度の世界記録樹立

日本の国立情報通信技術研究所(National Institute of Information and Communications Technology)の研究者3,001km以上の長距離伝送の形で毎秒319テラバイトの世界最速のインターネットの速度の世界新記録を立てました。

NICT

もっと読む:178Tbpsで世界最速のインターネットの速度は、1秒以内にすべてのNetflixをダウンロードすることができます。

この記録は、以前にロンドン大学の研究者が178Tbpsに記録したものです。

それほど 研究 Benjamin Puttnamが主導して、標準の直径0.125mmの4コア光ファイバを介して長距離S、C、Lバンド伝送が正常に完了しました。 彼らはラマン増幅とエルビウムとツリウムドープされた光ファイバ増幅器を使用して、この驚くべき偉業を可能にした明らかにした。

チームによって、彼らは全体の波長分割多重化技術を使用できるトランスポートシステムを開発した。 彼らは毎秒319テラバイトの転送デモデータレートを達成するために、さまざまなアンプ技術を使用しています。 これと共に、1秒xキロ当たり957ペタビットを最初に製造して、標準外径を持つ光ファイバのための世界記録を立てました。

論文では、研究者たちは、高いデータ転送速度と長距離伝送に頻繁に使用されるC-バンドとL-バンドのほか、まだ利用率が低いS-バンドの伝送帯域幅を活用したことが明らかになった。 単一のスパン転送します。

日本のnictインターネットの速度記録NICT

もっと読む:44.2Tbpsで世界最速のインターネットの速度は、1秒に1000個のHDムービーをダウンロードすることができます。

彼らはまた、標準的なクラッディングの直径の4コア光ファイバを、既存の機器と接続することができ、すぐに実用的な高速データ転送を可能にすることができると言いました。 これら研究は5Gを超え、新しい通信サービス普及に必要なバックボーン通信システムの実装に貢献することができるものと見ている。

研究者は、また、広帯域、長距離伝送システムを継続開発し、コア数が少ないマルチコア光ファイバおよびその他の新しいSDM光ファイバの伝送容量を高める方法を模索することを明らかにしました。 また、伝送範囲を海洋横断距離に拡張することを目指します。

READ  日本の35°の熱のためにTeam GBを準備したハイテクチャンバー

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close