320年の日本文化遺産「翔屋ハウス」がハンティントンで最初のラインを見せる – NBCロサンゼルス

1 min read

知っておくべきこと

  • 日本遺産昭屋ハウスがハンティントン図書館、美術館、植物園にオープンしました。
  • 訪問者は320年の家の内部の一部を含む敷地の大部分を探索することができます。 ハンティントン日本庭園の北端の近くに位置しています。
  • ハンティントン入場券に含まれる

住宅に関連する長年のプロジェクトは、しばしば部屋の追加、裏庭の作業、キッチンの改造、または新しい床の追加の選択を意味することがあります。

しかし、現在ハンティントン図書館、美術館、植物園で見られる数百年の建築物である特別な家の場合、会話は広大な海を渡って数千マイル離れた場所に多くの注意と配慮を傾けて移動する方法についてでした。

について 日本遺産小屋ハウス現在サンマリノ目的地の2エーカー敷地に位置するのは、「1700年頃」日本丸亀で初めて建設されたため、移転する可能性が非常に大きく、非常に複雑な事業でした。

ハンティントン氏は、「ロサンゼルスの居住者であるYohkoとAkira Yokoiが2016年に歴史的な家族の家をThe Huntingtonに提供しました」とThe Huntingtonに語った。 しばらくして、地元のランドマークの代表者が日本を「何度も訪れ」、みんなで安全に輸送する方法を模索しました。 320年の建築物。

「2019年から日本の職人たちは地元建築家、エンジニア、建設労働者と協力して構造物を組み立て、伝統的な木材や石造の特徴はもちろん屋根タイルと石膏作業を再現し、日本の木工芸の伝統を優先視しました。に対する感受性」とThe Huntingtonが明らかにした。

この歴史的な宝物は、2023年10月21日に南カリフォルニアに最初の行を見せました。 ハンティントンの入場券が含まれた日本文化遺産祥屋ハウスを訪れると、お客様は庭園や池、そして家の一部。

インテリアを覗くと、訪問者は「…細かく設計し、細心の注意を払って作られた320年の構造物の中で、住民がどのように日常生活を送ったのか」を見る機会を得ることができます。

今すぐ訪問して詳細をご覧ください。 ハンティントン図書館、美術館、植物園。

「新しい日本遺産曹屋ハウスは約300年前に日本の田舎生活を垣間見ることができ、その文化と持続可能性慣行についての洞察力を提供します」とハンティントン社長のKaren R. Lawrence氏は語りました。 (写真:ハンティントン図書館、美術館、植物園)
「ハンティントンに、訪問者に没入型体験を提供するためにこの重要な話を伝える機会を与えた横井家族に非常に感謝します。」 10年以上前に創立100周年を記念したハンティントンの有名な日本庭園の北端付近の「1700年頃」、日本丸亀近くの「小さな農業コミュニティ」で物語が始まった家を見てみましょう。 (写真:ハンティントン図書館、美術館、植物園)
READ  「すずめ」は現在日本歴代最高興行映画15位
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours