35日、CSSBは近くの子供たちの家を訪問し、ハロウィーンの雰囲気をもたらしました。 記事

Estimated read time 1 min read






ハサ・スパイダーマンの服装をしたケブレル・ケネディ(左)が10月23日、日本の相模原追伸子どもたちの家で開かれたハロウィンイベントで、子供たちに手にクモの巣を撃つ方法を見せている。 ケネディ部隊の第35戦闘油支援員大隊に所属する軍人と配偶者たちが地域社会奉仕活動の一環として追信を訪問しました。
(写真提供:工藤紀子、米陸軍駐留駐留公報室)

オリジナルを見る

日本相模原 – 第35戦闘油支援隊大隊が10月23日近くの子どもたちの家を訪問中に、ゲーム、キャンディー、カボチャの彫刻などの形でハロウィーンの雰囲気を近くの子どもの家にもたらしました。

ほとんどの衣装を着た部隊兵士たちと配偶者たちが秋信児童養園に訪ねて来て、住民たちと職員たちにアメリカのハロウィン祭りをどのように記念するか体験してもらいます。 CSSB第35中隊司令官であるクリストファー・ウォッシュバーン大尉は、今回の行事が彼の部隊が地域社会とコミュニケーションできる理想的な方法だと述べました。

彼は「両側とも祝日の雰囲気を共有できる万能良い経験になると思った」と話した。 「私たちはこの完璧な機会に飛び込みました。」




第35回CSSB、近くの子どもたちの家を訪問中にハロウィーンの雰囲気をもたらす



一病。 デザウォーカー(左)が10月23日、日本の相模原にある追伸子ども屋で開かれたハロウィンイベントで子供の顔に絵を描いている。 ロー部隊第35戦闘油支援員大隊将兵と配偶者たちが地域社会奉仕活動の一環として追信を訪問しました。
(写真提供:工藤紀子、米陸軍駐留駐留公報室)

オリジナルを見る

子供たちは35代のCSSBメンバーと一緒に様々なゲームをプレイし、カボチャを彫刻して飾りました。

「活動もゲームも良かったですが、コミュニケーションする時間だけ過ごしたようです。 [with each other] 成功したイベントの進行に最大の役割を果たした」と話した。

ウォッシュバーンは彼の部隊が今回のイベントで肯定的な経験をしたと確信しています。 イベントが終わった直後に、多くの第35 CSSB兵士が即座に追信との別の交戦を促進する方法を彼に尋ねたからです。

「私は特に海外にいる間、兵士たちが地域社会に参加することが非常に重要だと思います」とウォッシュバーンは言いました。 「地域社会に任せて [experience] 私たちの文化は、私たちがつながる素晴らしい通路です。」




第35回CSSB、近くの子どもたちの家を訪問中にハロウィーンの雰囲気をもたらす



ハサ10月23日、日本の相模原追伸子ども屋で開かれたハロウィンイベントで、1年生のゲルロ(右)が子供たちとかぼちゃを塗っている。 ロー部隊第35戦闘油支援員大隊将兵と配偶者たちが地域社会奉仕活動の一環として追信を訪問しました。
(写真提供:工藤紀子、米陸軍駐留駐留公報室)

オリジナルを見る

CSSB 35代に配属されたジャスティン・マッグゴリ牧師(大尉)は、追信で子供たちにハロウィーンの雰囲気を伝え、祭りをテーマにした芸術と工芸を通じて子供たちと友情を築くことができて楽しかったと話しました。 多くのユニットメンバーが衣装を着たことが言語の障壁にもかかわらず厄介さを破るのに役立ったと彼は言いました。

マックグリーリーは「米軍がここに存在する全体の概念は駐留国および日本国民との関係を構築することだ」と話した。 「これは私たちがそうするための良い方法であり、私たちが基地にとどまるよりもはるかに進化します。」

秋信で働く山田舞さんは、イベントで子供たちが第35代CSSB将兵や配偶者たちと一緒に楽しい時間を過ごす姿を見て幸せだと話しました。 このような相互作用は、子供たちが自宅の従業員を超えてさまざまな大人のグループと対話する機会を提供するため、彼らにとって重要であると彼女は言いました。

「今日のイベントは、子どもたちが団員と交流しながら、アメリカの様々な文化的側面を学ぶ重要な機会になると信じています」と山田氏は言いました。

READ  本のリリースを主催するTippライブラリ
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours