理科

37年ぶりにハワイのビーチに浮上した瓶の中のメッセージ

30年以上の海にいた病気に込められたメッセージが、最終的にそのメッセージが送信されたところで約4,000マイル離れたハワイのビーチに浮かびました。

このメモは、1984年に日本の高校生が作成し750のボトルの実験の一環として、東京の東の海岸に漂流しました。

9歳のAbbie Grahamはハワイアンパラダイスパークで家族と一緒に歩いて部分的に埋められている宝物を偶然発見しました。 彼女は錆び蓋が泥で覆われたガラスびんを発見し、それが重要なことができると私の両親であるJohnとAngie Grahamを説得しました。

ジョングラハムは、 “私はそれがゴミだと思ったし、彼女はそれが宝物だと思った」と話した。 ハワイアン・トリビューン – ヘラルド。 蓋が錆びて閉まるタイプライターで書かれたメッセージを読むために病気を撃退するした。

かつて白だったはがきの上部には、大文字で「海流調査」と書かれていた。 そして、そのメッセージが千葉県立ヨス高校自然科学部によって書かれている情報が来た。

メモには、「この病気は1984年7月、日本ジョシュ沖に捨てた」と書かれていた。 発見した人に名前、住所、発見された日付と場所と一緒に発見された緯度と経度を応答するように要求しました。

日本語とスペイン語でも書かれた説明書は航海後に非常によく保存されていたが、Abbieは、その紙で「ウェット猫」のにおいがすると言いました。 ハワイアン・トリビューン – ヘラルド

日本の日刊紙によると、9歳の少年の発見は、2002年に日本の南西部の喜界島島で50番目のボトルが押されてきた後に発見された最初の秒時高校メッセージだ。 毎日

750病気が海に投げられた後、クラブの会員たちは、その後の数年間の旅行を追跡しながら、中国、フィリピン、米国西海岸でのボトルを洗いました。 。

高校教頭Jun Hayashiは次のように述べた: “我々は、最後の一つがKikaijimaで発見されたと思いました。37年後、別の一つが発見されるとは想像もしました。」 毎日 報告した。

学校の現在の学生は、6月に初めて発見された1984年のメモは、最終的にそれらに到達した後、先週Abbieに手紙を書いた。 宝探しと彼女の妹Aubrie(10歳)は、寿司を食べている自分の絵が含まれていました。

16歳のNozomi HakkakuとAsuka YamaguchiはAbbieに英語で手紙を書きました。 毎日

現在54歳のまゆみ神田(Mayumi Kanda)は、1984年にサークルのメンバーであり、「私は高校生だったときの香りを呼び起こす多く発見」と言いました。 によると、 万力、 彼女は加えた:私は病気を取り上げた少女は、このプロジェクトを組織した私の古い高等学校、そして関連するすべての人々に非常に感謝します。」

病気に込められたメッセージのファイルの写真。 9歳の少女が37年の間に漂流したボトルからのメッセージを発見した。
ginosphotos /ゲッティイメージズ
READ  尿我慢できずに尿漏れ...過敏性膀胱の新しい治療| 健康UP | NIKKEI STYLE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close