トップニュース

3×3 WBB要約:フランスLaetitia Guapo、日本の破っ準決勝進出

フランスMarie-Eve Pagetは0.6秒を残して二回フリースローの第二の逃しチームメイトLaetitia Guapoがリバウンドを確保して必死に二人の選手がブザーでタイを達成するために境界線の外に、日本が持っていた希望をなくしました。 その結果、5位のフランスが予選でシード1位の米国を破り、4位を占めた日本を破り、4強に進出、アメリカと対戦する準決勝に進出した。

最終スコアは16-14でフランスが12-5で勝利し3:39に試合を広げたときに予想していたよりもはるかに近いです。 日本は4-0で得点して12-9で作成し、再び4-0で得点して15-10で15-14に減らしました。 Stephanie Mawuliは日本のためにタイの機会をつかんだが、Pagetこのファウルを受け、最初のフリースローを作成まで4秒を残して内部を見ませんでした。 Mawuliは、その前に3点連続ゴールを記録した。

日本はフランスが11-2で先に前3-1で先に行った。 得点は、その試合中に、フランスの4人の選手と最終合計のバランスを遂げました。 Paget(2リバウンド)5得点、Guapo(6リバウンド、1アシスト)とMamignan Toure(2リバウンド、1ブロック)の両方が4点、Ana Maria Filip(4リバウンド)が3点で仕上げました。

Pagetは2点シュートで得点を終えたし、残りの2つはFilipとGuapoできました。 チームとして、フランスは遠距離で4/11であった日本は0/5でした。

篠崎澪は7得点2リバウンドで敗れたマ響く5・6・2アシストを記録した。 先に米国との試合で先に8点で、日本をリードした山本麻衣が2点、西岡リサが2リバウンド、1ブロックを貢献した。

3シード中国、6シードのイタリア、19から13

Lili Wangバスケットで10-6に上がった後、に、中国は2:08を残して17-10、30秒を残して19- 12に、少なくとも4個、7個、ダブルリードしました。 王健は11得点をあげ、4リバウンド、4アシストを記録した。 彼女は1点シュートで6個のうち7個を記録し、アークを超えてからの2つのうち2つを記録しました。

中国は水曜日の午前5時10分、4強戦で2位シードロシア(5-2)と対戦する。

Zhiting Zhangは7つのボードを持って、4点のトスで勝者を導き、仲間であるShuyu Yangは3点3リバウンド3アシストを、Jiyuan Wanは1点、4リバウンドを追加しました。

Rae Lin D’Alie(3リバウンド)とChiara Consolini(2リバウンド、1ブロック)は、それぞれ5点ずつ敗れ敗れた。 同僚のMarcella Filippi(2リバウンド、1ブロック)とGuilia Rulli(4リバウンド)がそれぞれ2点と1点を追加しました。

シュート成功率は全体的に大丈夫だったが、中国がイタリアより2点シュート1本、フリースロー2本をより作った。 中国もイタリアを19から13に抑えアシストを記録した。

READ  AIベースの自動衝突再建、日本に発売

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close