経済

4ヶ月ぶりに日本企業心理の低下

日本のビジネス心理は5月4ヶ月ぶりに下落した木曜日、民間部門の調査によると、明らかになった。

帝国データバンク(Teikoku Databank Ltd.)の調査によると、企業情緒の拡散指数は、政府の第三COVID-19緊急事態の拡大と拡大を部分的に反映して、4月から37.5に0.8ポイント下落しました。

調査に参加した10個の産業のうち8つの産業で感情が悪化しました。

人々が外出を控え、営業を停止したり、営業時間を短縮しながら、この指数は、小売部門で1.6ポイント下落した33.1を記録しました。

サービス業指数は0.4ポイント下落した37.5点で外食業とホテル指数はそれぞれ1.9ポイント、3.0ポイント下落した。

ビジネス心理は10地域すべてで落ちました。 指数は北海道34.5点、本州西部中国地方地域1.8点36点、沖縄県を含む九州地域の2点37.5点で下落した。

帝国データバンクの関係者は、緊急事態が解除され、経済活動が正常化されると、感情が「徐々に上昇するだろう」と述べた。

一方、Mizuho Securities Co.のシニアエコノミストであるShunsuke Kobayashiは、政府のビジョンのない緊急事態宣言が「企業の事業計画を困難にする」と述べた。

彼は「政府は秋までコロナウイルス感染抑制政策を明確にし、企業のための措置をサポートしなければならない」と付け加えた。

オンライン調査は5月18日から31日まで行われ、11,242社の企業が有効な回答を提供しています。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  日本の1月の世帯出費はウイルス緊急事態のために前年比6.1%減

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close