トップニュース

4中央ヨーロッパ諸国、インフラストラクチャの計画のために、日本の支援要請



茂木豊島みつ、日本外相(Lから二番目)が2021年5月7日にワルシャワでポーランド、チェコ、ハンガリー、スロバキアから来た彼の仲間たちと一緒に写真を撮りました。 (写真提供:日本外務省/教徒)

東京(教徒) – 中央ヨーロッパ4カ国の外相は、日本がアドリア海、バルト海、黒海の間のインフラ開発を促進するために協力することを要請した。

茂木豊島みつ外相はワルシャワで開かれた会議で、ポーランド、チェコ、ハンガリー、スロバキアの日本外相が日本外務省によると、いわゆるサムスリョンの公約を検討すると言いました。

このイニシアチブや3SIは国境を越えるエネルギー、輸送、通信、デジタルインフラを拡張し、経済開発を発展させて中央および東ヨーロッパの接続を向上させ、開発格差を減らすことを目的とする12カ国、欧州のプロジェクトです。

茂木大臣と4つの相は、中国が中欧4カ国およびその他のEU加盟国との経済関係を強化により東京が27カ国のブロックで優れた地域である良質のインフラを促進するために、日本と欧州連合との間の協力を強化することで合意しました。 状態。

双方はまた、コロナウイルスワクチンの公平なアクセスを確保してCOVID-19大流行と戦うための努力の一環として、世界保健機構の改革するための協力を確認した。

安全保障についてMotegiとあなたの大臣は、中国の隠されたカウンターで法治に基づい自由で開放された国際秩序の強化の重要性に同意しており、これは主な援助ドナー、投資家として中部および東ヨーロッパでの影響力を増加させます。 そして取引パートナー。

MotegiはXinjian自治区のウイグルイスラム教徒少数のための中国の人権侵害の疑いと香港の状況について深刻な懸念を表明しました。

双方はまた、北朝鮮が大量破壊兵器と弾道ミサイルを完全かつ検証可能で不可逆的な方法で解体するように強制するために、北朝鮮に対する国連制裁を全面的に実施すると約束した。

3SI加盟国は、オーストリア、ブルガリア、クロアチア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、スロベニアと4カ国です。

READ  ヒプマイ2ndバトルLIVE開催!大阪の池袋、名古屋の新宿などの3つの都市で(動画あり) - ナタリー

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close