スポーツ

4年連続日本一の強さはどこ?元鷹コーチが説明する影のMVPと巨人が欠けていたスプリント| Full-Count

「SMBC日本シリーズ2020」第4戦は、ソフトバンクが4-1で巨人を破り4連勝で4年連続日本シリーズ優勝を占めた。昨シーズンまでソフトバンクでコーチを務めた飯田哲也氏は15打数5安打4打点で第3戦で先制2ランを放ったソフトバンク中村明をMVP級の活躍した絶賛した。

元鷹コーチが解説する日本シリーズ影のMVPは、[사진 : 우키 가이 유스케]

1回周東が日本シリーズ第4戦1安打も2回中村明が強力バックアップした

「SMBC日本シリーズ2020」第4戦は、ソフトバンクが4-1で巨人を破り4連勝で4年連続日本シリーズ優勝を占めた。昨シーズンまでソフトバンクでコーチを務めた飯田哲也氏は15打数5安打4打点で第3戦で先制2ランを放ったソフトバンク中村明をMVP級の活躍した絶賛した。

[PR]移動が多く斉藤和巳氏がDAZN(ダジョン)を活用する理由」の文字だけ… “

第3戦で先制2ランを放った中村明が4戦もゴールで接続プレーでチームを勝利に導いた。 最初の1社で右翼線に二塁打。 引き続き柳の先制ツーラン献立た。 前日に巨人サンチェスフォークを右越え本塁打とナシでもスライダーを右前適時打で。 この日は直球勝負の巨人バッテリーについて鋭い読みで3口続い直球を反撃した。

「このシリーズで雰囲気を変えたのが中村明ベンチもファンも皆がここに打ってほしいというところで打つ、頼りになる選手。それ出てきたのが第3戦打撃だった。第4戦でも巨人バッテリーは前日変化球にされたイメージが強かったため、この日は直球が多かった。中村明の頭の中にも「今日は変化球が来てはいけない」ということは、あったな考えは、「

このシリーズ1番周東は4試合でわずか1安打に終わり自慢の俊足を生かす場面は少なかった。 しかし、1,3,4戦で2回に入った中村明がその穴をカバー。 飯田氏は「2番中村明があることで、周東が退いても、次の中村明が返すかくっついてボールの数を投げたりした。周東はこのシリーズで打つことができなかったが、それが目立たなかったのは中村晃がいたから」と絶賛した。

巨人打線が試合経験が少ないソフトバンク投手陣に手こずる中で中村明は巨人の投手を心配することはなかった。 飯田氏は、「タイミング持ち方が上手な選手で、いくつかの投手にも合わせる。最初の対戦も大変ではない」と説明し。 「2回野球を知っている中村明があるのは、相手バッテリーに不快感がある3番柳4番グリッド時アルに続いていく中で、中村明だけを表示することができない」と2回に置くことで打線に厚みが増加のメリットを強調した。

READ  日本の今年のイングランド成功に寄与したマレーシアのコーチ| バドミントンニュース

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close