トップニュース

4月に日本GDP 0.3%減少:JCER

日本経済研究センター(Japan Center for Economic Research)が金曜日に発表した資料によると、日本の実質国内総生産(GDP)は、前月比0.3%減少した。

減少は、外部要因によって駆動された。 国の輸出は2.1%、輸入は7.1%増加し、月間の経済成長率の下方圧力ウルガました。

輸入のしっかりとした成長は、経済の相対的な健康、国内の構成要素を反映しています。 企業の設備投資は3.4%、住宅投資は2.5%、家計消費は0.3%増加した。

しかし、4月末、政府がコロナウイルス緊急事態を宣言し、レストランでの食事、旅行などサービス関連分野の需要が減少しました。

READ  日本とアメリカ、尖閣防衛のための共同訓練の実施

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close