世界

40カ国以上、COP26で石炭の使用を中止する約束

グリーンピース・インターナショナル(Greenpeace International)のジェニファー・モーガン(Jennifer Morgan)専務は「これは抜け穴を提供する」と述べた。 「これは石炭管にもう一つの釘がありますが、単一であり、管はまだ封印されていません」とMorganは付け加えました。

ポーランドの気候と環境大臣のアンナ・モスクワは、誓約の曖昧さを強調しながら、次のように語った。 Twitterで言った 木曜日 この取引により、ポーランドは2049年まで石炭から脱出できるようになりました。 ポーランドは現在、電力の70%を石炭から得ており、化石燃料から急速に切り替えようとするヨーロッパの提案にしばしば抵抗してきました。

バイデン政権は 協定に参加する 木曜日に来年末までに、他の国の「削減されていない」石油、ガス、石炭への資金調達を終了します。 Unabatedは化石燃料を燃やし、汚染物質を直接大気中に排出する発電所を意味します。

この協定は、世界銀行などの多国間開発資金提供者からの公共資金調達を化石燃料から遠ざけるのに大きく役立つと予想されます。 イタリア、カナダ、デンマークを含む25の国と団体は、風力、太陽熱、地熱などの低炭素およびゼロ炭素エネルギーのサポートを優先することを約束しました。

Tufts大学のFletcher SchoolのRachel Kyteは、グリーンエネルギーへの投資とともに、海外の化石燃料開発資金調達を中止することにした決定は「本当に重要です」と述べた。

彼女は「私たちがブラウンエネルギーを拒否すれば、発展途上国と先進国間の政治的緊張が高まるだろう」と話した。

米国共和党は、バイデン政権が石油、ガス、石炭の資金調達を中止するという約束を批判し、海外の石油およびガスプロジェクトの世界最大のスポンサーである中国、日本、韓国の合意がないことを指摘した。

READ  [아침의 5 개]仕事始めに読みたい厳選ニュース - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close