400以上のスタートアップが参加する台北スタートアップフェスティバルに会いましょう

Estimated read time 1 min read

台北、11月30日(CNA)3日間行われた「Meet Taipai」スタートアップフェスティバルが木曜日に始まり、400を超えるスタートアップ企業やパネルはもちろん、全世界で史上最大規模の講師たちが参加して10周年を記念しました。 世界。

イベント主催者であるビジネスネクストメディア(Business Next Media)の何飛鵬社長は「ここ台湾で100社以上の外国企業を誘致するスタートアップ会議を主催している」とし「これはベンチャーキャピタルとは明確な対照をなす」と話した。 2023年世界が経験している景気低迷。

革新的な新事業が繁栄できるエコシステムを構築するために、スタートアップがアイデアを交換し、企業、研究所、政府関係者とつながるフェスティバルであるMeet Taipeiは2014年に初めて始まりました。

このフェスティバルはアジア最大規模で、過去9年間で3,350以上の国内スタートアップと480以上の海外スタートアップを誘致しました。

4番目に副大統領の資格で行事に出席した賴清德副大統領は「コロナ19状況の中でも台北との出会いは止まらなかった点が成果」と評価した。

レイは、人材育成、資本アクセス、官僚主義を優先し、台湾の企業環境を継続的に改善したいと述べた。

Laiは、「民間協力を通じて、今後5年間、スタートアップに年間1,500億ドルを投資し、20,000の新しい雇用を創出することで、10年以内に台湾をイノベーションハブにすることを願っています」と述べました。

また、未来をしっかり見渡す蔣萬安台北市場は、ライの考えに同調し、台北が他の主要都市と協力して学ぶことによって「創業者に優しい都市」になると想像しています。

彼は、福岡市場、ソウル市場、シンガポール教育部長官との出会いを通じてアイデアを交換し、彼と彼のチームは、国境を越えたスタートアップフレンドリーな環境を作り出すために、常に都市と協力契約を締結する機会を探していたと付け加えた。です。

もう一つの目標は、台北を「AIベースのスマートシティ」に変えることで、2014年から毎年スマートシティエキスポを開催して数多くの外国スタートアップを誘致したと市場は付け加えた。

「私たちは、パンドを変えるAI技術がスタートアップのソリューションを引き起こし、私たちの街の生活を改善するのに役立つことを願っています」と彼は言いました。

主催側によると、今年の見本市ではJETRO(日本対外貿易機関)と日本のコンサルティング会社であるWork Capitalの支援を受け、「総合インバウンドサービス」を提供する「台湾・日本コネクティングフォーラム」も開催されます。 日本でビジネス立地を構築しようとする国際企業のための支援サービスです。

開会式で演説した日本 – 台湾交流協会副代表の服部高利氏は、スタートアップが現代の課題を解決する上で重要な役割を果たしていると述べた。

「台湾と日本ともに、低出産、人口老齢化、労働力不足などの課題に直面しています。産業インテリジェンスとデジタル変革を強化しなければならない時急性は前例のない水準に達しました」と彼は付け加えました。 スタートアップは、革新的なソリューションを使用して社会と革新を推進できると付け加えました。 経済発展。

日本政府は2022年「スタートアップ育成5カ年計画」を発表した。 これを通じて2027年までスタートアップに対する投資を10倍に増やして10兆円(680億ドル)に増やすという目標だ。

協会は2020年以来、JETROおよび台湾経済部が資金を支える国際アクセラレータであるTaiwan Accelerator Plusと協力して、「台湾でビジネスを商業化しようとする日本のスタートアップを支援してきました」と話しました。

彼は「8つの日本のスタートアップが今年Meet Taipaで展示する予定であるだけでなく、自身のベンチャー事業を紹介する予定」と付け加えた。

3日間開催されるこのイベントは、木曜日から土曜日まで台北のTaiNex 2で開催されます。

(アリソン・シャオ地音)

最終項目/kb

READ  福島の教訓は、効果的な原子力規制の必要性
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours