技術

4980円の破格アクションカメラ」Apexcam」と最近の「GoPro HERO9 Black」を比較すると、忘れていた何かを覚え|ロケットニュース24

アクションカメラ好む。 もちろん遠い昔の1982年〜2003年までに発売された雑誌「アクションカメラ」も大好きだが、ここで言うアクションカメラはGoProをはじめとするウェアラブルカメラのこと。

特にGoProが好きで新作が出るたびに交換てきた。 先日、発売された「GoPro HERO9 Black」も当然購入したが、ほぼ同時期に興味本位から購入したカメラがある。 Amazonで絶大な人気を誇る「Apexcam」である。

・Apexcamとは?

どうかAmazonのレビューをすることはでき4000もあり4.5星圧倒的な高評価。 その一方で価格は5000円前後(私が購入したのは4980円で、2020年10月5日現在5180円)であるため、売れ当然、もちろん「Amazon」s Choice」に選ばれている。

しかし、実際に製品を開封してみると、新しい「圧倒的パワー」が購入者に襲い掛かる。付属品がとんでもなく充実ある。


・もし「専用ケース」書いて

まず、偶然にも「GoPro HERO9 Black」のように、良い感じの専用ケースにすべての商品が含まれている。発売時期的に考えると、逆にGoProの方が、「パッケージ自体がケース」というアイデアを模倣したのでは?と思うほど。しかし、そのケースを開けてみると……

Apexcamの方が笑うほど圧倒的なものである。GoProの方は非常に簡単です。 本体とバッテリーとケーブル以外の基本的な取り付けが1種類だけ。 一方、Apexcam方は……

本体、ケーブル、防水ケース、バッテリー×2,2つの挿し可能なバッテリー充電器、専用リモコン、ポールマウントヘルメットマウントクリップマウント、三脚穴マウント……と一方的な支援も中身。 これだけ入って5000円とか、本体だけならくらいですか? と感じたのだ。


スペックも危険

すごいのは付属品だけではない。 本体自体のスペックも「本当に?」と程度の魅力的な数値がある。 ただAmazonではおなじみの「やたら冗長商品名「そのスペックや魅力が集約されているので、コピペしてみると……


[진화 판]Apexcamアクションカメラ4K高画質2000万画素SONYセンサーWiFi搭載40M防水 [メーカー1年保証] 1050mAhバッテリーリモコン防水バッグを含む2インチLCDスクリーンHDMI出力アクセサリーセットを含むスポーツカメラウェアラブルカメラ水中カメラ防犯カメラ対角170度の広角レンズ


……である。 4KでSONYセンサー搭載のWiFi機能までついていて170度の広角レンズなので、防犯カメラもなると! また、取扱説明書を確認してみると、「スローモーションの時間経過」はもちろんのこと、「ドライブレコーダーモードループ録画」にも対応している!

とてもじゃないか? すごすぎないか? もう本当に映像が最善の方法といえば……確かにアクションカメラ系の歴史を動かす! 価格破壊の大革命!というか、すでに革命は起きているのかも!? どうかレビュー数は4000以上。 単に私の認識していなかっただけの可能性も…!


・最終的に比較

ということで、すぐに私は “Apexcam」と「GoPro HERO9 Black」を持って外に出た。下克上である「夢」と「奇跡」を信じて外に出た。元比較マウント」羽鳥システム(という名前の単純な棒)」を率いて、映像色味画角音声安定化を徹底比較してみた。


その結果、……



……結果は悲惨なものだった。ハイテクの世界に “奇跡”と “夢”とない気づいた。色も悪く、音も悪い。 どこかに置いて撮影ならギリギリ実用に耐えることができると思うが、手持ちで撮影は危険なほどの「直接手ブレ “であり、”比較のスポークスマン!」という気持ちが、同時にこうも思った。


「てか普通この程度手ブレするんだな……」と。


昔のカメラと昔スマートフォンで同じことをすると、この程度区ワッシャ区ワッシャた揺れ映像になってしまっていただろう……と。

最近のスマートフォンやアクションカメラは最初から優れた手ブレ補正機能がついているので、ここまで揺れ映像になることはほとんどない。 だからいつの間にか忘れていたのだ。 すっぴんに近い「手ブレ」の感覚を。


手ブレが当たり前だった時代

ふと気になって、昔の映像を訪れた。 200-300万画素程度のデジタルカメラを持って世界を旅するバックパッカー時代の映像が出てきた。 どうか基本的に「声」もないビデオ。 手ブレ補正などあるはずがない。 揺れたし、まるで隠しカメラのような画質の映像がそこにあった。

しかし、なんか……味がある。とても高性能カメラベタベタした映像に慣れてしまったせいではなく、昔の映像が新鮮に感じることもするだろう。 それはまるで、高性能、最新の3Dゲームにはない “味”をまっすぐに多角形ゲームやドット絵ゲームで感じることができます。

そう考えると、なんだか「Apexcam “面白い存在と考えられてきた。 映像は悪く、手ブレ補正はありませんが、リアルレトロアクションカメラで考えると面白い。 良い意味での「バリカメラ “ならぬ”バリアクションカメラ」というか。 素朴を楽しむことができる存在というか。 そんな把握する方法をするとなぜか許さ存在が来る。


・「Apexcam」の楽しみ方

とにかくも使い方によっては十分に活用することができるものであり、おもちゃで考えると最高すぎる内容。 どのように活用するかを考えることが「Apexcam」の楽しみ方かもしれない。

防水ケースを改造して、自転車用ドラレコにするか? 2台並べてVR用映像を撮ってみると呼ばれることも楽しそう……夢は広がるばかりだ。ああ、「夢」はあった!


参考リンク:アマゾンGoPro HERO9ブラック
レポート:GO羽鳥
写真:RocketNews24

READ  日本企業富士フイルムとトヨタチュショ、インドの健康の技術企業Qure.aiとMolbioと結核検査強化のための戦略的パートナーシップを締結

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close