技術

5万6000円で5GスマートフォンXperia 1 IIを「ボウル」する方法(シノ淳也)

12月に入ってSIMフリー版のXperia 1 IIソフトウェアの更新がかかりました。 その内容は、5Gの対応バンドn78、n79を追加するものである。 10月30日発売時点では接続できないドコモの5Gを利用できるようになりました。 これにより、筆者もAndroidスマートフォンのメインターミナルSIMフリー版のXperia 1 II機種変更しました。 ここまではよくある話かもしれませんが、機種変更前の携帯電話がドコモ用のXperia 1 IIだったのは珍しいでしょうか。 すぐXperia 1 IIの “器”です(笑)。

Xperia 1 II
ドコモの5Gに対応したことを受け、万全の準備をしてXperia 1 IIのSIMフリー版を購入した

果たして同じ端末同士で機種変更したのは初めてだ。 色もドコモ版で選択したパープルが非常に好きだったのでSIMフリー版の制限フロストブラックには目もくれずに、同じパープルを選択しました。 アプリケーションの展開もほぼ同じだったので、表示された場合、どちらがどの瞬間わからなくなってしまうほど。 しかし、裏にうっすらとプリントされたロゴは、違いがあり、SIMフリー版には、「docomo >> 5G」の文字が無く、よりシンプルになっています。おサイフケータイのマークもNFCマークがされている違いがあります。

JI Xperia 1 II
アプリケーションの配置を集める差がほとんどない(笑)
JI Xperia 1 II
「docomo >> 5G」の文字が消えて裏面はすっきりとした印象

ドコモ版からSIMフリー版に変える利点は、以下の通りである。 最初はメモリ(RAM)、ストレージ(ROM)が増量されることです。 ドコモ版はRAMが8GB、ROMが128GBであるのに対し、SIMフリー版は、それぞれ12GB、256GB。 率直に言って、元の作業は快適だったのでRAMの違いは実感しにくいかもしれませんが、ROMが倍増しているのは、大きな違いがあります。 秒20枚連写を使用すると、ターゲットが本体ストレージに自動的に移行されるので、カメラを頻繁に使用する人にウイウェロイ差は大きいと言えます。 4K動画も本体ストレージの方が、撮影が安定します。

JI Xperia 1 II
RAMは8GBから12GBに
JI Xperia 1 II
ROMは128GBで256GBに倍増

第二は、デュアルSIM。 ドコモ版は当然シングルSIMが、SIMフリー版は2つのSIMで同時に待受けができます。 さらに、両方のスロットも5G対応。 iPhoneやPixelのeSIMのように、デュアルSIMを選択して、すぐに5Gを使用することができなくなるという制約もありません。 この機能が便利なのは、どちらかと言えば、海外出張時。 メインSIMカードに国際ローミングしながら、現地SIMで通信するなどすることができ、通信費を節約することができます。

しかし、今ではコロナ流行に海外出張は夢も同じような状況。 仕方ないので、2スロット目に残っていた、この携帯電話のSIMカードを挿しておくことにしました。 ネットワークに強いイメージがあるドコモが完全ず、まれに建物内で通信速度が大幅に低下することがあります。 このようなとき、もう一つのSIMカードに通信を切り替えることができるのは安心。 転ばぬ先の杖として使用するには、第二のSIMカードスロットに他のキャリアのSIMカードを挿しておくのがよいでしょう。

デュアルSIMも関連の話ですが、利益の第三は、その頻度。 ドコモ用のXperia 1 IIはドコモ端末に対応する周波数もドコモ持つことに最適化されています。 これに対してSIMフリー版は、国内4キャリアで使用されている家のための4Gと5Gの対応バンドが広く持っています。 今現在は、ドコモのSIMカードをメインに使用していますが、auとソフトバンクに切り替えもしっかり利用することができますので、SIMロックを解除したドコモ版のXperia 1 IIよりも利用率が広がりそうです。

また、長所、短所の両方が、ソフトウェアもドコモ版とは違いがありました。 まず、当然ドコモ純正アプリがプリインストールされていません。 個人的には、ドコモメールやd支払い(コード決済、iD)、dマガジンDisney +のようなサービスを使用していますが、これらはすべてSIMフリー端末用のものをインストールすることができました。 +メッセージも利用可能。 その豆腐と同じ文字が表示されなかったり、設定メニューからドコモの項目がない場合、または差はあるが、必要なサービスが正しく継続して使用することができます。

JI Xperia 1 II
JI Xperia 1 II
必要なドコモのサービスは、SIMフリー端末で利用可能な

繊細な点では、電話をかけるが異なります。 ドコモ版はドコモ純正携帯電話のアプリと電話帳が、SIMフリー版は、Googleのものになっています。 ソニーモバイル製品ではなく、独自の色が薄いのは残念だが、Googleの携帯電話アプリは、インターネットを介して自動的に電話番号を組み合わせて歩いて相手を表示してくれる機能があります。 主に企業の固定電話番号が対象であるが、どこからかかってきたのかがわかり、すぐに出なければならかどうかを判断することができるのは便利です。 逆に、送信電話や留守番電話などのメニューから呼び出すことができず、電話番号を手動で入力して利用する必要があります。

JI Xperia 1 II
電話アプリは、Googleの仕様ドコモ版とは異なる

また、細かな点では、ピクトに「5G」の文字が表示される条件が異なります。ドコモ版はキャリア端末共通仕様で5Gの文字を表示する条件が非常に厳しく設定されています。NSA(非独立)の5Gは5G通信前アンカーバンドというLTEに接続します。キャリア端末は、LTEに接続して、待機しているときにピクトガ「5G」に切り替えますが、周りにキャッチ5Gの電波がなくそのまま4G通信と、すぐにピクトガ “4G”です “4G + 」に変化します。

これに対してSIMフリー版は、アンカーバンドLTEを持ってピクトイ “5G」となり、その後は4Gでも5Gでも表示が切り替わりません。つまり、固定バンドがあれば、常にアンテナマークの横に「5G」の文字になってしまいます。アンカーバンドLTEは5Gより周波数が低い場合もあり、領域を広く持っています。また、5Gの電波吹く前にアンカーバンドの設定のみしてしまうこともあるためSIMフリー版のXperia 1 IIは、実際の領域以上に5G文字を見る機会が多くなります。

JI Xperia 1 II
アンカーバンドLTEを握っただけで常時ピクトに「5G」と表示されてしまう

一度すべての標準化の条件を満たしているため、Xperia 1 IIだけでなく、SIMフリー5Gスマートフォンは、これらの仕様になっていることが多いです。 筆者が購入したHuawei社の「P40 lite」とテストした」TCL 10 5G」もそうでした。 周りに5Gの電波が飛んで当てているように見え、通信が高速のように錯覚してしまいますが、実態は4Gのための、これは少し混乱と思います。 可能な場合はSIMフリースマホメーカーでもキャリアの仕様に応じて好きなところにあります。

また、微妙なところでは、通信事業者ごとに最適化されていないので、一つのような場所で5Gに接続してもドコモのバージョンよりも速度が出ないことがありました。 たとえば、次は渋谷の5G領域で測定した結果を6回まとめたものだが、ドコモ版は時折1Gbpsを超えるのに対し、SIMフリー版は900Mbps以上の最高の200Mbpsを割り込んしまうことがあるなど、偏差が目に留まりました。 ドコモ仕様が含まれていないため、保持している周波数が異なる可能性もあります。 すべて十分に速いが、この点は注意が必要かもしれません。

Xperia 1 IIの “器”は、果たして少し自分もどうかと思いましたが、ドコモ版を売却することにより、かかった費用はかなり抑えられています。 SIMフリー版は、銀座のソニーストアで購入したが、その時、各種クーポンとソニー銀行の「Sony Bank WALLET」を使用して割引が適用され、13万6400円が12万6003円まで減少した。

これに対してドコモ版はコンクリートへの落下、フレームに傷があったが、約7万1000円で某中古店で販売することができました。 考えに基づいて控除約5万6000円でXperia 1 IIの仕様をアップグレードすることができたとも言えます。 RAM、ROMの増量やデュアルSIM対応周波数だけで5万6000円の価値があるかどうかは微妙なところですが、まるでベビーフォーマルシューズのように傷がゼロになったことも、個人的に嬉しいポイント。 万人にお勧めできるアップグレードはないが、キャリアに縛られたくない人は、そのような選択肢があることも念頭におくとよいでしょう。


READ  「マインクラフト」で「はいアイコン "ワールドに行くことができるか。 8ヶ月の調査の末AI技術と人海戦術を引き出した答え| AUTOMATON

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close