理科

5年に渡って撮影した「オリオン星雲」を1枚の写真に収めた孟子が登場、超高解像度と超美麗な写真が公開中 – GIGAZINE



冬の澄んだ夜空の中でも断然目立つオリオンの、三つ星中央下部に位置する星雲が肉眼で確認できる星雲の中で最も明るいの一つである “オリオン星雲“です。オリオン星雲を5年以上撮影を続けた天体写真家Matt Harbisonさんが自分の撮った写真を一つにつながった25億画素の超高解像度写真を完成させました。

プロジェクト情報 –
https://space4everybody.com/about-the-project/

オリオン座のこのクレイジー2.5ギガピクセルの画像を完成させるために5年を要しました。
https://petapixel.com/2020/10/23/this-insane-2-5-gigapixel-image-of-the-orion-constellation-took-five-years-to-complete/

Harbisonさんが公開した25億画素のオリオン星雲の写真は、次のページで見ることができます。

Matt HarbisonのProject Orion
https://orion2020v5b.spaceforeverybody.com/

ページを開くと、オリオン星雲の画像が大きく一面に表示されます。


画面をクリックすると、……


クリックするたびに、ますます拡大が可能です。


Harbisonさんは約4800ドル(約50万円)という価格1620万画素KAF-16200イメージセンサーを搭載した天体写真専用カメラ “QHY 16200 CCD“で2508枚の写真を5年以上服用。


すべての写真を一枚に合致ためSequenceGenerator Pro、PHD2 Guiding、Pixinsight、Astro Pixel Processor、Adobe Photoshopを使用して、500時間以上に渡って、編集したもの。 2020年の春頃に最初の画像処理をした場合には、PCの仕様の問題で処理することができないため、Harbisonさんは2020年8月24コア “ライジェンスレッドリッパー「とメモリ256GBを搭載したPCを新たに購入して画像処理に複数写真の位置決め作業に23時間、結合作業に19時間の合計42時間を費やして、一つの超高画質画像を作成しました。


Harbisonさんのオリオン星雲にかける情熱は「オリオンの対称が原点」とのこと。「私はオリオンの対称性を子供の頃に両親と祖父母としたキャンプで葉の擦れる音と一緒に見ていたし、ボーイスカウトのキャンプで小さな望遠鏡をを通じて見た。 初めて東武ソニーない望遠鏡を通じてオリオンを見たとき、星雲の色合いに感動しました。 大学通学路の上空にはオリオンがうっすらと浮かんでおり、常に導く感じました。 私の人生で発生した大規模な決定や事件のオリオンは、私の意識に参加したと思います」とHarbisonさんはコメントしています。


この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
1060時間の間夜空を撮影した写真に収めた孟子が登場、美しい星雲の写真が公開中 – GIGAZINE

ソニーのカメラで天体写真を撮影するときに発生する「星を食べる」の問題は? – GIGAZINE

3日間に渡って撮影したペルセウス座流星群を1分にまとめた美麗な映画 – GIGAZINE

宇宙に漂うシャボン似た星雲が発見された – GIGAZINE

インターネット時代の天体観測はアマチュア天文家が大きな役割をすることができるようになってきている – GIGAZINE

READ  新型コロナウイルスの飛沫防止用シートに関する火災予防に注意| OVO [オーヴォ]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close