5月に日本で824の製品価格を引き上げる計画

1 min read

東京、4月29日(Jiji Press) – 日本の消費者は5月にも1998年以来初めて缶詰コーヒー製品の価格が引き上げられる価格引き上げの波に直面するでしょう。

Teikoku Databank Ltd.によると、全国の195の主要企業が来月に合計824の製品の価格を引き上げる傾向があります。

5月初めの主要飲料業者はコーヒー豆、砂糖、缶などの価格暴騰に直面して185gの缶コーヒー価格を引き上げる予定だ。

Coca-Cola Bottlers Japan Inc.は、Georgia Emerald Mountain Blendの価格を124円から135円に引き上げます。 キリン飲料のキリンファイアヒキタテビートは125円から152円に、朝日ソフトドリンクのワンダモーニングショットは124円から151円に引き上げられる。

自動販売機を通じて販売される缶コーヒー製品は、缶あたり140円、10円引き上げられる可能性が高いです。

缶詰粉乳や缶詰食品も価格が上昇する可能性が高いです。

今年の価格を引き上げたり、引き上げる予定の製品は合計21,205個で前年比3.3倍増加した。 6月には3,300以上の製品について価格が引き上げられる予定です。

帝国データバンク関係者は「昨年10月から様々な製品の価格が引き上げられて以来、消費者が財布をさらに絞めている」と話した。

同関係者は「給与引き上げに乗り出した企業が増えているが、社会保障保険料も一緒に上げて消費が生きにくい」と警告した。

READ  日本のGDPは大幅に上方修正され、堅実な支出で第1四半期に2.7%成長しました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours