スポーツ

5月28日:今日のインドスポーツニュースのまとめ

サーフィン

Tamil Nadu’s Groms & Karnataka’s Women、サーフィン2022インドオープン2日目優勝

ゴアの16歳のSugar Banarseは、KarnatakaのMangaloreにある静かなPanamburビーチで決勝前に進出した女性の間で最高のスコアを獲得したサーフィンで、すべての審査員に深い印象を残しました。 KarnatakaのIshita Malviya(6.17)、Sinchana Gowda(7.30)、GoaのSugar Banarse(11.27)、Tamil NaduのSrishthi Selvam(10.37)が女子オープンサーフィン部門決勝に進出した。 Sugarは明日のgroms(16歳以下)少女サーフィン部門決勝戦でも競争する予定です。

シュガーは決勝進出を確定した後、インタビューで「決勝に進出することができて嬉しいが経験豊富なサーファーとディフェンディングチャンピオンのスリシュティ・セルナイムと競争している。また、このトーナメントを開催したインドのサーフィン連盟に感謝の言葉を伝えたいと思います。今後の訓練や国際大会には非常に役立つでしょう。」

5月27日インドスポーツラボ:ハリアナ、SSCB、サブジュニアボクシングナショナルズでチャンピオンに選ばれました

Groms Boys(U16)サーフィンカテゴリー準決勝では、Tamil Naduサーファーがきれいなスイープを行い、Kishore Kumarが大きな違いでレースをリードしました。 キショアは今日より快適に見え、今日のコンテストで最高のスコアを獲得しました。 彼が審査委員から得た15.50点は、彼の印象的なサーフィンとリバースフリップも含まれた機動の証拠であり、これは彼が明日決勝戦で快適に一座を確保するのに役立った。 明日決勝に進出した他の選手はTayin Arun(11.10)、Naveenkumar R(10.17)、Jeevan S(6.46)です。

決勝戦スロットを予約した後、Kishore Kumarは次のように語った。 「今日はサーフィンを楽しんだ。 それが最も重要です。 決勝戦は他の球技種目であり、競争が激しいということを知っているが、期待して最善を尽くすだろう」と話した。

1日はTamil Nāduサーファーが掌握した男オープンサーフィン部門の8強戦で始まり、KarnatakaのRamesh Budhialは準決勝で最高のスコアである14.33点で準決勝で自分のための席を予約した彼の機動とサーフィンでみんなに深い印象を残しました。 男オープンサーフィン部門。 Tamil NāduサーファーSrikanth D(9.93)、Surya P(9.7)、Satish Sarvanan(12)、Ruban V(8.7)、Ajeesh Ali(9.3)、Manikandan M(8.34)、Sanjai Kumar S(9.17)も準決勝に進出。 男性オープンサーフィン部門で悪天候とサーフィンが不可能な状況のため、以前に今日開かれる予定だった部門の準決勝戦が2022インドサーフィン2022インドオープンの最後の日(明日)に延期されました。

Karnatakaのトップ選手であり、男性オープン部門の唯一の希望であるRamesh Budhialは、「Mangaloreでインドサーフィンオープンを主催したインドサーフィン連盟に感謝します。 今日、波が試練を受けて競争が激しかったが、8強に進出できて嬉しいです。 今私の目標は、第4戦で明日の準決勝で席を見つけるために最善を尽くすことです。

第3回Indian Open of Surfingの最後の日には、男性オープンサーフィン部門の準決勝と決勝戦とともに、Groms Boys&Girls(16歳以下)決勝戦と女性オープンサーフィン部門決勝戦が繰り広げられます。

サーフィンのインドオープンは、2022年5月27日から29日まで、マンガロワーのパナムブルビーチでMantra Surf Clubで開催されます。 Karnataka Tourismがタイトルパートナーとして参加し、チェンナイに基づくTTグループがパートナーパートナーです。 Action Camera Majors Go Proはアクションパートナーです。

撮影

Rudrankksh Patilは土曜日、アゼルバイジャンのバクーで行われた射撃ワールドカップ男子エアライフル決勝戦で628.8個の打手を記録し、4位に上がった。

セルビアのラザール・コバセビッチ(Lazar Kovacevic)が630.6点で予選1位を占め、ルードランクシュ(Rudrankksh)は104.0、103.6、105.2、104.6、105.8、105。 8強決勝戦は日曜日に行われる。

Olympian Deepak KumarはRPOセクションで626.8を撃った。 Paarth Makhija(624.7)とDhanush Srikanth(623.8)は、76人の投手のうち26位と35位を記録しました。

女子エアライフルでは全世界1位のエラベニルバラリバンが629.1打を撃って66人中9位に上がった。 彼女は決勝戦で0.3点車で脱落した。

Shreya Agrawal(627.0)とRamita(626.2)は、96人の投手フィールドでそれぞれ24位と29位を記録しました。

かなり興味深いことに、インドは65カ国から来た703人の狙撃兵のうち12人の狙撃兵だけを配置することにしました。

ゴルフ

Shubhankarはオランダのオープンでトップ10位に近いリーン実行後の形に戻ります。

インドのシュヴァンカール・シャルマ(Shubhankar Sharma)は、最初の2日とは異なり、見た目よりもバディがはるかに多かったオランダのオープン3ラウンドで10位圏内に入った。

2番目の9つでビューの発疹を生き残ったがまだカットを通過したSharmaは54ホールで5アンダー波69打と71勝71敗を記録し、3ラウンドでも良い姿を見せました。

彼はBernardusゴルフクラブで11位でした。 まだ仕上がっていない選手がいるので、彼はトップ10の中に入ることができます。

DPワールドツアー2回の優勝者であるSharmaは、過去5回の選抜登場で4回のカットを見逃すのが難しい時期を過ごし、これまでに15個のバディを捕まえたが、10個のビューも許可していました。

フィールドにいた他の2人のインディアン – Gaganjeet Bhullar(73-74)とSSP Chawrasia(74-77) – はミドルカットを逃した。

バディーをたくさん打つSharmaは、3つのビューに対してコースの両側から3つをつかみました。

Sharmaの第2ラウンドは難しい旅でした。 10位から出発して16~18までバディ3個を含めて4オーバー波32個を投げた。 ターンが終わった後、最初の波を打って3連続、もう1つ見てイブン波まで落ちた。 バディ7位を記録し、1アンダー波を記録した。

3ラウンドのビクター・フェレス(67-70)と4アンダー波13打は11アンダー波共同先頭で、アドリアン・メロンク(68-68)と2アンダー12打は10アンダー波だった。

スコット・ヘンド(Scott Hend)は9アンダー派70勝69敗68打を記録し、セバスチャン・ソダーバーグ(Sebastian Soderberg)、マット・ウォラス(Matt Wallace)、リカルド・グベイア(Ricardo Gouveia)など3人が9アンダーを記録したが、まだホールが残っています。

Vani Kapoor, ベルギー, Amandeep, Ridhima コロン

Vani KapoorはベルギーWanzeで開かれたMithra Belgian Ladies Openで唯一のインド人でした。

75打を打ったカプルは1ラウンド終了後、バディ3個で見て1個に2アンダー波70打を記録した。

36ホールイブン波共同43位。

他の2人のインディアン、Amandeep Drall(79勝70敗)とRidhima Dilawari(74勝78敗)はカット脱落しました。

スウェーデンのリン・グラント(Linn Grant)は、大会初日の66(-6)の見えないオープニングラウンドを撃ち、ペースをつかんだ。

彼女は2ラウンド10ホールで3アンダー波3アンダー波で9アンダー波1打で2位のLuna Sobron Gomez(70勝67敗)を1打目に進み、グラント当時クラブハウスリーダーはまだラウンドを終えていなかった。

できるだけ多く走ろうと努力し、レディースユーロピオンツアーに参加したカプア、LET AccessとSunshine Tourは徐々に改善されている。

Sneha、Queen Sirikit Cupでインドチーム14位、インドチーム9位

インドのスターアマチュアSneha SinghとAvani Prashanthは、日本がトーナメントで20年間のタイトル干ばつを終えたにもかかわらず、Queen Sirikit Cupゴルフトーナメントで緩やかな仕上げをしました。

蒸し暑いシンガポールラグナナショナルゴルフリゾートクラブで、Sneha Singh(75-72-74-69)が共同14位、Avani Prashanth(75-73-78-74)が共同24位に上がりました。 3位のインド人ジャンニヤ・ダサニ(80-82-78-73)は共同33位だった。

橋本美樹は70-64-72-73のラウンドで個人的な名誉を抱え、2002年以来初めてアジア太平洋のアマチュア女子チーム選手権を獲得しました。

インディアンスはチームランキングで9位を獲得しました。

1打優位で最後の日を始めた日本は16歳の上田(68)と手塚(71)のおかげで最終ラウンド5アンダー波139打を記録した。 これで72ホール合計20アンダー波556打でニュージーランドを7打で破った。

去る14試合で7連敗と13勝を狙う韓国のイ・ジヒョン、キム・ミンビョル、防信室トリオが果敢な先制攻撃を繰り広げた。 しかし結局、彼らは566年に3位に着席しなければなりませんでした。

シャノン・タン(Shannon Tan)が華やかに導くシンガポールが4位(567)、台湾(570)、タイ(574)、オーストラリア及びマレーシア(577)、インド(589)、香港(600)、フィリピン(611)がその背後にありました。 )、インドネシア(613)、ミャンマー(677)個人の栄誉は、現女性アマチュアアジア太平洋地域チャンピオンの橋本に戻ったが、日本代表チームの強みは決勝戦で1オーバーパー73打を打って脱落したのだ。 各3強チームの最高2つの1日スコアが計算されるイベントです。

2002年には、宮崎庵、京都古子、上原綾子から成るチームである日本が、最後にマレーシアのA’Famosa Resortでトロフィーを上げた時、優勝トリオの一人も生まれなかった。

19歳のHashimotoは、プロになるまで2年の大学に行く必要があります。

READ  マイアミ準々決勝で使用カリに詰まった大阪の連続

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close