500年以内に、日本の誰もが「佐藤」と呼ばれる可能性があると教授が警告

Estimated read time 1 min read

すべての文化では、いくつかの名前は他の名前よりも有名です。 しかし、日本では、夫婦が同じ名前を使用する必要があるため、これがまったく新しいレベルに達する可能性があります。 東北大学の経済学教授である吉田宏氏は、特定の名前(佐藤)がどのようにどんどん普及することができるかについてシミュレーションを行いました。 この研究は完全に深刻ではありませんが(名前に反対するキャンペーンのためのものです)、ある姓がどのように別の姓を上回ることができるかを示しています。

画像ソース:Shai Pal。

名前が1つだけの国

日本では、夫婦が同じ姓を共有しなければなりません。 理論的には、カップルは2つの名前のうちの1つを使用できますが、実際には95%以上のカップルが男性の性を採用しています。 日本の人口学的傾向とともに、この政策は佐藤のような特定の姓の支配に貢献しました。 吉田のシミュレーションは、現在の傾向が絶えず確認されなければ、日本の人口の大部分が結局この共通性を共有することができるとユーモラスに予測し、現在の社会規範の特性を強調します。

すでに日本国民の1.6%が「佐藤」と呼ばれ、その数値はゆっくりと増えています。 Yoshidaのモデルは、非常に限られたデータセットである過去2年から始まり、現在の傾向が続く場合、将来何が起こるかを予測します。 彼らのモデルによると、2446年には日本人全体の半分以上が同じ姓を共有するでしょう。

日本文化では、人を城と呼ぶのが一般的で礼儀正しいことを覚えておくことが重要です。 それで、2531年には誰もが「佐藤」と呼ばれます。

「みんなが佐藤になるなら、私たちは名前や数字で呼ぶ必要があるかもしれません」と彼は言いました。 毎日。 「その世界は生きて良い世界ではないと思います。」

もちろん、これは包括的な計算ではありません。 移民や他の多くの社会的側面が介入して数字を変更することができます。 この研究は、夫婦が同じ姓を持つことを要求することを義務付けていないことの意味に対する認識を高めることです。 しかし、研究でも明らかな警告があります。 人気が上がる名前とは異なり、城は「べたつき」です。 いったん名前を持たれたら、その名前に閉じ込められます。

奇妙な社会的状況につながることに加えて、吉田は別の問題も発見します。 この過程で他の城の歴史が消えているということです。

吉田氏は声明を通じて「姓は家紋の歴史を持っていて文化的象徴でもあるという点を考慮すると、城の喪失は城の歴史ももはや存在しなくなることを意味する」と話した。

「個人的には、名前を変えることは結婚して同居することとは別の問題だと思います。 個性をさらに重視するなら、結婚する際に名前を変える必要はない」と付け加えた。

法を変える

他の国では、夫婦が同じ名前を持つように強制されていないので、名前はあまり均質化されません。 日本では、全人口の5%以上が佐藤(Sato)、鈴木(Suzuki)、高橋(Takahashi)、田中(Tanaka)という4つの性のみを共有しています。

今、政府はパスポートや他の身分証明書に結婚前の名前と結婚前の名前を表示することを許可していますが、日本は、配偶者に同じ名前を使用するように求める世界唯一の国です。

与党の自民党(保守党)は今回の改名政策が家族の和合を毀損し、子供たちの間で混乱を引き起こす可能性があると拒否している。

しかし、日本の人口構造はこれよりも大きな問題を抱えている。 最近の推定によると、この国の人口は次のように減少すると予想されます。 2070年まで約30%、部分的には大規模移民を拒否したからです。 日本は長い間着実なものとして知られてきました。 移民拒否特に人口統計学的圧力のために変更される可能性があります。

この研究は、選択的エイリアス制度の変化を支持する団体であるThink Name Projectの支援を受けました。

フィードバックを送ってくれてありがとう!

READ  NASA、安全問題で重要なArtemis 1ヶ月ロケットテストをキャンセル
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours