エンターテインメント

52川の日本代表チームに名前をあげたMillar

前オタゴとハイランダーズ出身のクレイグミラーが日本の制服を着るの第一歩を踏み出しました。

ミラ(30)は、6月エディンバラで、英国とアイルランドのライオンズとの試合のための訓練を開始するために、52人の強力な日本チームに指名された。

緩い小物は2017年末に初めて移動であり昇る太陽の地で彼の時間を楽しみました。

Millarは昨年Otago Daily Timesに日本での時間によく適応したました。

彼は生活を楽しみ、日本の慣習に慣れました。 ラグビーは常に発展していた彼は、パナソニックワイルドナイツ(Panasonic Wild Knights)と一緒に走る別の2シーズンの契約を結びました。

Millarは2014年に初めてハイランダーズでプレーし、肩の負傷でハイランダースタイトルを獲得した2015年に彼退場させ、その後いくつかの季節をより走りました。

彼はすべてHighlandersで10試合、Otagoで45試合を走った。

彼はまた、奇妙な場合にOtagoを主張しました。

Millerは、昨年に日本チームでプレーすることについては全く考えていなかった言いました。

しかし、彼は今、レジデントを介して資格を得た日本のコーチJamie Josephによってチームに指名された。

日本が自国で開かれた2019ワールドカップで良い成績を収めた後、ジョセフが指名した最初のチームになります。 ジョセフは来月、ニュージーランドから日本に戻ってくる予定だ。

ジョセフは元ハイランダー仲間が不足していないことです。

彼は2019年に成功を収めたコーチングチームの一員であった現在のハイランダーズコーチTony Brownの助けを得ることです。

Highlandersは6月11日に最後のレギュラーシーズン試合を受けるSuper Rugby transtasman大会に出場する予定です。

日本チームは、5月末のキャンプに入って6月12日、日本ではまだ名前がない相手とテストマッチを行う。

日本チームのトレーナーはチームと一緒に9シーズンを過ごした後、2019シーズンの終わり頃ハイランダーズを残した前ハイランダーズトレーナーアンドリュー・ビアードモアです。

HighlandersアナリストでもあるAndy Wattsは日本チームのアナリストです。

日本代表チームに新たに加わった他のニュージーランドの選手では、ホークスベイでプレーしたロックマークアボットと前オークランドロックリアキーモリーがあります。 若いオーストラリア出身のベンゴンホと前ワラビーグレッグ鼻ネルソンの息子ジャック鼻ネルソンもチームに参加しました。

ハイランダーズルーズフォワードKazuki Himenoがチームに選ばれた。 部品は前進29、後進23です。

日本の選手団は35人で、減少6月26日エジンバラでライオンズと対戦する予定です。 ライオンズのチームは南アフリカ共和国で三回のテストを行う予定です。

READ  LGBTQ映画は誰でも、少なくとも一度見なければなら

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close