58年前に閉鎖された日本の映画館で一人の男が映画を上映し続ける方法:感動的な短編ドキュメンタリー

1 min read

少なくとも1950年代以降、テレビの所有が先進国全域に急速に広がり始めたとき、映画館はいろいろな実存的な脅威に苦しんでいました。 しかし、ホームビデオ、ストリーミング、COVID-19などのさまざまな破壊的な開発に対する明らかな脆弱性にもかかわらず、それらのほとんどではなくても、多くの人が生き残る方法を見つけました。 ある場合には、小規模のスポンサーグループの献身や、日本の福島県で100年の歴史の本宮映画館を単独で運営する修士田村のような個人の努力のおかげです。

たむらの活動を見ることができます。 私の劇場、上記の短い5分のドキュメンタリー。 「日本監督の柳川柳の魅力的な観察肖像画は、田村が学生とシネフィルの観客のために古い映画を上映し、映画館のビハインドストーリーを提供する姿を捉えています」 イオンと言う。 そのツアーには、撮影当時81歳のTamuraがすべてのノウハウを大事にしている徹底的にアナログフィルムプロジェクターを間近で見ることが含まれます。 彼は1960年代に公式に劇場を閉じたが、男女の老朽を問わず団体上映会を開き、スレッディング実力を鋭く維持しているようだ。

心は軽いですが、このような肖像画は愛情のある雰囲気をほとんど避けられません。 すでに日本の多くの地域を苦しめた人口減少に苦しんでいる福島は、2011年東日本大震災と津波および関連核災害で深刻な被害を受けました。 芦沢が撮影した翌年の2020年 私の劇場台風は「阿武隈川とその支流を氾濫させました。」 ロー 朝日新聞リキマル祥子の文です。。 「本宮市の都心が浸水して7人が死亡し、2,000軒以上の住宅や建物が破損しました。」 Tamuraの劇場と彼の家は両方とも水に浸り、「彼の家の1階の棚にあった400枚のフィルム缶の半分が泥水に浸りました」。

これに対応して、近所で助けてきました。 「神奈川県のメーカーはフィルム缶10箱を劇場に送り、岩手県盛岡のある映画館はフィルム編集機を送った。 東京の映画界関係者30人余りが劇場を訪れ、フィルムの洗浄と乾燥を助けた。 その努力で100余編の映画が復元された」と話した。 残念ながら、タムラの計画された再開イベントは、日本全土のコロナウイルスの広がりと同時に発生し、無期限に延期されました。 しかし、今や日本が国際観光のために再び開かれているので、おそらくMotomiya映画館は国内訪問者だけでなく外国訪問者にも目的地になることができます。 魅力に陥って 私の劇場誰が旅行に行きたくないのですか?

~経由 永遠

関連コンテンツ:

日本が世界で最も古い企業がある理由:1300年のホテル星が糸口を提供する

過去の日本の忘れられたカラフルな色彩を救おうとする日本職人の探求の瞑想的な視点

日本の幽霊都市を発見してください。

広島原爆の最後の生存者の一人である高倉明子の話を短いアニメドキュメンタリーで伝える

ソウルに本社を置く コリンアシャル 書いて放送する都市、言語、文化に関するts。 彼のプロジェクトにはSubstackニュースレターが含まれています。 都市に関する本 その本 無国籍都市:21世紀ロサンゼルスを歩く そしてビデオシリーズ 映画の中の都市。 Twitterで彼をフォローしてください。 @コリンマアルシャル または Facebook

READ  日本スタジオジブリ、カーン映画祭名誉ゴールデンヤング賞受賞
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours