エンターテインメント

59歳の「永遠のアイドル」松田聖子、一日もされたのハメ撮りでファンを驚かせている

Seiko Matsudaは、1980年から1988年までの24連続1位のシングルを発売し、日本で「永遠のアイドル」として知られています。 彼女は1990年代初め以降、一度だけ、よりチャート1位を占めたが、音楽は、日本で10年全体のサウンドトラックとして残っており、59歳のバックカタログは、今日もほぼ普遍的な尊敬と賛辞を受けています。

たとえば、1980年に出てきた香水を呼び起こす夏の歌である松田の「あおいサンゴショー〜ブルーラグーン〜」を扱う非常に若く見える女性がいます。

Photo:松田聖子公式YouTubeチャンネル

しかし、ここにねじれがあります。 これは「あおいサンゴショー〜ブルーラグーン〜」の表紙が、他でもない松田自身がないので、60歳の誕生日を迎えた1年がされていない人のように見えないからです。

率直に言って、私たちは、歌手が松田の娘さやか神田と推測する可能性がより高かったが、松田が再び二番目シングルを取り出し、彼女の連続ナンバーワンが始まる前に最後のある松田です(「Aoi Sangosho〜Blue Lagoon 〜 “は、2位に上がった。)そして、彼女の年齢を信じることはマツダの外見だけでなく、彼女のリズムとピッチが完全ので、彼女のボーカルも同様です。

1980年代の音楽の力になっただけでではなく、Matsudaはヘアスタイルのトレンドでも一つでした。 彼女の羽がついた前髪は「セイコーちゃんカット」で知られており、バブルエコノミー時代のファッションに敏感なティーンエイジャーと女性に広く採用されており、歌手は、新しいビデオのシーケンスのために持ち帰った。

セルフカバー映像は4月1日に公開されており、歌手のスタイリッシュさとサウンドへの関心は、すでに次のようなオンラインの反応を呼びました。

「松田聖子を模倣した、他の人だと思ったが、本当に彼女です!」

「完全に満足のいくビデオ」

「彼女を見るだけでも、気分が良くなります。」

「彼女はとてもかわいい!」

「80年代以降に枯れませんでした!」

Sources:YouTube /松田聖子公式YouTubeチャンネル、Twitter / @ YahooNewsTopics

SoraNews24からより多くの物語を読んでみてください。

日本の80年代は、あなたのバブル時代に変身させる東京写真館に戻ってきました【Pics】

日本の「永遠の青春の女」が、Photoshopを必要としない理由を実物に示す写真【写真】

漫画家は、男性が女性のために書いた漫画を読まない理由を発見したと言う

  • 外部リンク

  • https://soranews24.com/2021/04/02/japans-59-year-old-eternal-idol-amazes-fans-with-hasnt-aged-a-day-self-cover%E3%80%90video% E3%80%91 /

©SoraNews24

READ  映画「鬼滅の日 '無限列車編観覧客特典は新作漫画0巻」煉獄ヤング巻」。 煉獄杏寿郎の最初の任務を描く - ファミ通.com

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close