技術

5G対応のゲームスマートフォン「Black Shark 3」の日本向けモデルが発売 – 携帯電話Watch

「黒いサメ3」

Black Sharkの日本法人であるブラックシャーク科学技術・ジャパン(黒ハゼ科学技術日本)は、5G用ゲームスマートフォン「Black Shark 3」を発売した。 オンラインショップ「Glimpse」とヤフーショッピング楽天市場で扱うほか、アマゾンマーケットプレイスでの販売も予定している。 価格は6万9800円(税込)。

Black Shark 3は6.67インチの有機ELディスプレイとチップセットにクアルコムの「Snapdragon 865」を搭載したゲーミング用途に最適化したAndroidスマートフォン。メモリ(RAM)はLPDDR4X 8GB本体ストレージUFS 3.0 128GBモデルが販売される。

2019年に発売された「Black Shark 2」の後続モデルで、最大リフレッシュレートは60Hzで90Hzに向上した。 また、画面に2つの圧力センサーを配置して、米動作に機能を割り当てる “マスタータッチ3.0」を含んでいる。

マスタータッチ3.0

本体側面のスイッチを操作してゲームモード」Shark Space 3.0」が始まる。 ゲームごとに性能や画面のリフレッシュレートのタッチ感度と精度サウンドイコライザーなど、さまざまな設定をすることができる。

また、ゲーム中に呼び出しランチャーは、ゲーム画面の録画機能にアクセスしたり、受信ブロックの設定、ネットワークとディスプレイの各種設定は、ブラウザの開始もできる。

ゲームの設定画面

主な仕様

出荷時OSはAndroidの10のユーザーインターフェイス(UI)は、「JOYUI 11」のチップセットは、クアルコムの「Snapdragon 865」メモリ(RAM)は、8GBのストレージは、128GB外部ストレージには非対応。

ディスプレイは、アスペクト比20:9,6.67インチ(1080×2400ピクセル、FHD +)のAMOLED(有機EL) バッテリー容量は2360mAh×2の4720mAh。 急速充電は、クアルコムのQuick Charge 4+をサポートし、最大65Wの入力に対応する。 本体裏面にマグネット充電端子を備えた別の添付ファイルを利用して、18Wの急速充電にも対応する。

アウトカメラは約6400万画素(メイン)、1300万画素(超広角)、約500万画素(深度センサー)のトリプルレンズ仕様。 あるカメラは、約2000万画素。

カメラの設定

5Gの対応バンドn78。 対応LTEバンドBand 1/3/5/8/18/19/26/28/34/38/39/41。 SIMカードのサイズは、nanoSIMでデュアルSIMをサポートする。 現在5G回線を利用する場合、単一のSIMの場合のみしている。

Bluetooth 5.0およびWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)をサポートする。 ステレオスピーカーと、画面に指紋センサーを搭載する。 本体のサイズは168.72×77.33×10.42mm、重さは約222g。

READ  [빠즈도라]間コラボ新武器が強すぎて確保必須! 貴重な性能が交換でも使用できます! | AppBank

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close