トップニュース

6月に日本の輸出の急増は、消費者インフレ緩和:ロイターの世論調査

2019年5月22日、日本の東京の工業港で自転車に乗った男性が、コンテナの前を通り過ぎている。 REUTERS /金ギョンフン

  • reuters:// realtime / verb = Open / url = cpurl://apps.cp./Apps/econ-polls?RIC = JPEXPY%3DECIは調査データをエクスポートします。
  • reuters:// realtime / verb = Open / url = cpurl://apps.cp./Apps/econ-polls?RIC = JPCPI%3DECI CPI調査データ

東京、7月16日(ロイター) – 日本の6月の輸出は機械や技術関連製品の世界的な需要の好調と、昨年大流行による低迷から急激に反発しながら6月の輸出が急増したことで、ロイターが金曜日に調査した結果をを示した。

6月の輸出は前年同月比46.2%増加し、4カ月連続で2ケタの伸び率を記録した。 年間輸出成長率は2020年6月にCOVIDによる急落で大きく歪曲された。 輸出の伸びは、世界的なチップ不足にもかかわらず、強気を維持している日本の自動車生産量と出荷量に影響を及ぼした。

東京で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)緊急規制が再開され、消費支出が売りを見せ政策立案者は、世界3位の経済大国であるが、経済の低迷を解消するために、外部の需要に傾いている。

日本経済は、1〜3月の年換算3.9%減少しており、伝染病がサービス支出に大きな打撃を与え、第2四半期にはほとんど成長していない可能性が大きい。

ロイター調査によると、源の消費者物価上昇率は、6月にわずかに上昇したとみられ、これは日本の銀行(BOJ)が2%の物価目標を達成するために努力して直面している困難を強調します。

投資家はBOJが金曜日の大規模な通貨刺激策を固守した後、7月20日2350GMTの貿易データと7月19日2330GMTの消費者物価発表を注視することです。 続きを読む

6月の輸出増加率は5月の輸出が49.6%急増した後、出てきたもので、1980年4月以降毎月最大増加幅である。 2020年6月には26.2%急減した。

先月の輸入は前年同期比29.0%増加し、4600億円(41億8000万ドル)の貿易黒字を記録することが分かった。

ロイター調査によると、原油価格を含むが、変動性が大きい生鮮食品価格を除いたコア消費者物価指数(CPI)は、5月に0.1%上昇したのに続き、6月にも1年前に比べて0.2%上昇すると予想した。

BOJは金曜日に終了したポリシーの検討から、大規模な通貨刺激策を維持しながら、政策金利をマイナス0.1%に維持し、日本国債10年物の利回り目標を0%水準で維持した。

($ 1 = 109.9900円)

Reporting by Tetsushi Kajimoto; Editing by Ana Nicolaci da Costa

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  NHK BS1「佐藤琢磨の栄光再び! 世界最速のレースインディ500」[F1-Gate.com]

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close