6月日本日王夫婦国賓英国訪問予定

Estimated read time 1 min read

日本政府が成人日王と政子王妃の英国国賓訪問を6月末に準備していると宮内庁関係者が日曜日明らかにした。

皇室夫婦の英国訪問は一週間ほどかかると予想される。 消息筋は英国王室が居住するロンドン・バッキンガム宮で歓迎行事とチャールズ3世国王が主催する国賓晩餐のための準備が進行中だと伝えた。

英国と日本政府は国王の健康を考慮して準備を進めている。 バッキンガム宮は2月、チャールズががん診断を受け、治療を受けながら大衆との業務を延期するよう勧告を受けたと明らかにした。

成人日本天皇と雅子皇后が2022年9月19日、ロンドンウエストミンスター寺院で開かれるエリザベス2世女王の国賓葬儀に出席するために到着している。 (WPAプール/ゲッティ/刑務所)

消息筋は公式行事の他にオックスフォード大学訪問も検討中だと伝えた。 皇室夫婦はどちらもこの機関で勉強し、ナルヒト一王は海外で勉強した最初の日本天皇だ。

今回の訪問は当初、2019年5月即位以後、天皇の初の海外訪問で2020年第2四半期に予定されたが、コロナ19大流行に延期された。

しかし皇室夫婦は2022年9月、エリザベス2世女王の葬儀に出席し、初の公式海外巡方のためにイギリスを訪問した。

鳴門一王の葬儀に出席することは、一般的には、日王が国内外を問わず葬儀に出席しないため、慣習から外れたことを意味します。

今回の英国国賓訪問は2023年6月、インドネシア公式親善訪問以後皇室夫婦の初の海外旅行となる。


関連プレス:

皇帝は1998年訪問前に英国王室との弱い関係を心配した。


READ  中国、日本に東京の軍事力増強が問題だと言う
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours