スポーツ

6月21日:インドスポーツニュースラボ

ホッケー:

インドジュニア女子ホッケー代表チーム、U-23トーナメントでオランダに2-2勝利

インドのジュニア女子ホッケー代表チームがU-23 5カ国トーナメントでオランダを2-2としたことに逆転した。

アヌー(19分)とBeauty Dungdung(37位)は、月曜日の夜にインドのBrouwer Amber(13位)とVan Der Broek Belen(17位)がゴールを決め、月曜日の夜に大まかなオランダチームのゴールを決めた。

オランダが前半5分連続ペナルティコーナーキックを得てインディアンズは序盤から途方もない圧迫を受けました。

しかし、オランダ女子代表チームは13分、アンバーのゴールで先制ゴールを選んだ。

インドの女性代表チームは、前半17分、Van Der Broek Belenがオランダのリードを2倍に増やし、より大きな問題に直面しました。

しかし、インドの逆襲のおかげで、インドは前半19分、アヌーのペナルティコーナーで1ゴールを破り、すべての希望を破ることができなかった。

3クォーターにも依然として1つのゴール車に遅れたインディアンスはゴールを破った。

4クォーターと最後のクォーターでは、両チームがお互いを圧倒し、最も重要なゴールを決めようとした。

どちらのチームもリードをつかむのに十分なチャンスがありましたが、チャンスを逃してゲームは引き分けで終わりました。

インドの女性代表チームは、水曜日のトーナメントの第3回戦でウクライナとの試合を行いました。

-PTI

パラパワーリフティング

インドのパワーリフターはアジア – オセアニアのオープンチャンピオンシップで輝いています。 Ashok、SudhirはPara Asiadの資格を取得します。

重量挙げ選手AshokとSudhirは、韓国平沢で開かれたアジアオセアニアオープンチャンピオンシップでインドが金メダル6個を含む22個のメダルをたくさん獲得しながら杭州障害者アジアゲームチケットを予約しました。

Ashokはアジアおよびオープンイベントで男子65kg以下(合計点)で2つの金メダルを獲得したが、Joby MathewはMaster’s AsiaおよびOpenイベントで59kg未満の男性で4つの黄色い金属(最高リフトおよび総点)を獲得しました。

月曜日の個展の最後の日、Sudhirは男性88kg以下で最高214kgを持ち上げ、パラリンピックおよび世界チャンピオンヨルダンのAbdelkareem Khattab(241kg)、中国のJixiong Ye(233kg)に続き、2回転で銅メダルを獲得しました。 。

全体的に、インドチームは金メダル6個、銀メダル4個、銅メダル12個を獲得しました。 中国は金メダル21個を含めメダル29個で1位に上がった。

AshokとSudhirは、中国のCOVID-19の状況のた​​めに延期された杭州障害者アジアゲームでParmjeet Kumar(男子49kg未満)、Sakina Khatun(女子45kg未満)に加わり、決勝戦に進出する可能性が高いです。 2024年パリパラリンピック世界ランキングの向上に力を入れて。

「これは国際チャンピオンシップで私たちのパワーリフターの最高の試合だった。 「チームで」とJP Singh国家代表チーム監督が発表しました。

彼は、障害者の重量挙げ選手が、今すぐバーミンガムで開かれる英連邦大会で良い成績を収めることに集中していると述べた。

「目標は、CWGで少なくとも2〜3個のメダルを獲得することです。」 Parmjeet、Khatun、Sudhir、Geeta、Manpreet Kaurは、7月28日から始まるバーミンガムイベントの障害者重量挙げイベントにインドを代表しています。

-PTI

サイクリング – アジアトラックサイクリング

インドのロナウド・シン(Ronaldo Singh)が火曜日、アジア陸上サイクルチャンピオンシップ4日目の男性エリートスプリント競技の準決勝への道に10秒の障壁を破って200m飛行啓示で国家記録を立てた。

世界ジュニアチャンピオンであり、アジア記録保有者であるロナウドは月曜日1kmタイムトライアル種目で銅メダルを獲得し、国内初の国際メダルを獲得した9秒946秒を記録して国家記録を立てた。

彼の以前の国家記録は昨年7月、ロシアのサンクトペテルブルクで開かれたUCIトラックサイクリングネーションカップで建てた10秒168秒だ。

「明日は私のお気に入りのイベントの1つで演奏するので、私にとって重要な日です。私はインドでメダルを獲得するために最善を尽くす準備ができています。言いました。 準決勝でカザフスタンのアンドレイ追加と対決するロナウド。

しかし、インドサイクル選手の誰も大会4日目に行われた6つの決勝戦で授賞台に上がることができませんでした。

インドのライダーEsowは、今大会でカザフスタンのAndrey Chugayに敗れ、男のスプリント8戦で再び勝利に失敗しました。

Harashveer Singh Sekhonは30,000mのレースで韓国のEuro Kimと日本のNaoki Kojimaを破り、良い勝点43点で4位に上がった。

Hammadi Al Mirzaはこのイベントで69点で金メダルを獲得し、韓国(61点)と日本(60点)のライダーが120周レースで10周ごとにスプリントをしなければならないパワーイベントでその後に続いた。

一日はインドチームに悪い出発をしました。

ジュニアサイクル選手のHimanshi Singhは、7.5kmのスクラッチレースで2位を獲得しましたが、後で危険な運転を理由に失格となりました。 彼女はマレーシアのライダーの後ろから詰まり、マレーシアや日本のライダーより先に行こうとし、技術的なミスをしてコミッショナーによって失格しました。

金メダルは日本の池田美月とウズベキスタンのカリモバ・ソフィヤを抜いてマレーシアのチフイニョが占めた。

全体的にインドは金メダル2個、銀メダル5個、銅メダル13個で5位です。 日本が金メダル11個、銀メダル6個、銅2個で総合1位を走っており、韓国は金10個、銀9個、銅2個で金4個、銀3個、銅1個を保有するカザフスタンを抜いて2上を走っている。

PTI

テニス

サニアはイーストボーンで早く敗北した。

Lucie Hradeckaと共同4位のSania Mirzaは7-5、6-7(3)、 [10-7] Aoyama ShukoとHao-Ching ChanがEastbourneで開催された$757,900 WTAテニス大会のダブルス8戦で勝利しました。

結果:

$757,900 WTA イーストボーン、イギリスダブルス(8強戦): Shuko Aoyama(Jpn) & Hao-Ching Chan(Tpe) bt Lucie Hradecka(Cze) & Sania Mirza 7-5, 6-7(3), [10-7]。

$15,000 ITF男、タイチェンライダブルス(8強戦):Cui Jie(Chn)&Tsung-Hao Huang(Tpe)bt Congsup Congcar(Tha)&SD Prajwal Dev 6-3、7-5。

$ 15,000 ITF女性、タイチェンライシングルス(ラウンド1):Vanshita Pathania bt Pawinee Ruamrak(Tha)6-4、7-6(5); Laalitya Kalluri bt Daria Domova 7-5、4-0(引退)。

ダブルス(8強戦):Xun Fang Ying(Chn)&Ashmitha Easwaramurthi bt Salakthip Ounmuang&Vichitraporn Vimuktananda(Tha)7-6(7)、4-3(引退)。 Aunchisa Chanta & Patcharin Cheapchandej (Tha) bt Priyanshi Bhandari & Laalitya Kalluri 6-0, 6-2.

$15,000 ITF女性、モナスティル、チュニジアシングル(ラウンド1):Wei Sijia(Chn)bt Jennifer Luikham 6-0、6-1。

カメシスリニバ山

Sundar、全国ジュニア、青少年卓球選手権大会本選進出資格

Tamil NaduのSundar Manikantanは、NCJohn Memorial YMCAで開催された第83回全国ジュニアおよび青少年卓球選手権大会で、より高いランクの選手Anish Sontakke(Maharashtra)とAbhinav Chaudhary(Uttarakhand)を制圧しました。 火曜日にアラプッシャのTTアリーナ。

Sundarは2セットから戻り、24位のAnish Sontakkeを6-11、6-11、11-6、11-6、11-9に倒して最初の勝利を記録しました。

それから彼はAbhinav Chaudharyを11-5、11-6、11-8に簡単に勝ち、本選に成功しました。 Unfancied MaharashtraのKushal Chopdaは、21位のAssamのDivyaj Roy Rajkhowaに9-11、11-9、12-10、11-9を獲得しました。 チラユ・チャイタニア(ビハル)11-2、11-4、11-3本選進出。

ベンガルのShrirsha Patwani Royは、11-8、11-7、9-11、15-13に勝利し、Siddhant Desphande(Maharashtra)を14-12、8-11、11-5に勝った。です。 、11-9の資格を取得します。

しかし、U-19のセクションでは、開幕日にグループ選好チームが低ランクの対戦相手に勝つのがより難しい試合のためにウォーミングアップを行ったので、ほとんど驚きはありませんでした。

9位 Bengal ChoudharyのAniket Senは、チームメイトであるBengalのSayan Duttaに11-4、11-7、11-3を獲得しました。

11位はSoumyadeep Sarkar(ベンガル)、Arush(パンジャブ)11-5、11-8、11-6、13位 Jash Modi(Maharashtra)はMalligarjunan(Pondicherry)11-5、11-2、11-8。 14位のSarath Mishra(UP)と15位のAnsh Goyal(MP)も無難な勝利でスタート。

– フラビン・チャンドラン

ITF女子テニス

Karman Kaur Thandiは、火曜日にGurugramのBaliawasで開催されたテニスプロジェクトで開催されたUSD 25,000 ITF女子テニストーナメント第1ラウンドで、Sahaja Yamalapalliの6-3、4-6、6-4勝利のための勇敢な挑戦を克服しました。

朝から雨が多く降りましたが、眩しい日差しを受けて劇的に改善された日、テニス競技は激しい。

ワイヤーのようなKarmanは、彼女のパワーゲームで相手に多くのインスピレーションを与えました。
Sahajaは活発に食事を提供するために歩き続け、スピードを上げ、活発に動いて自信を持って撫でました。 カーマンはまた、彼女のラケットで行が壊れている問題に直面し、1つは新しく行を巻いた後に失われました。

すべての混乱の中で、Karmanは彼女の集中力を維持しました。
第二ラウンドで自分。

他の試合では、Humera Baharmusは2-6で敗れた後に反乱しました。
天気のために中断されたウィットの戦いで、Mihika Yadavを3セットで1-5に勝ちました。

ダブルスでトップシードのアンキタライナは、エカテリーナ・ヤシナと協力して6-1、2-6、 [10-7] ソフィア・コスチュラスとエレナ・フリーダンキナ。

Elenaは予選の試合を単独でプレイしてきたので、ベルギーのパートナーを支援するのに非常に堪能でした。

結果

シングルス(1ラウンド):Saki Imamura (Jpn) bt Smriti Bhasin 4-6, 6-2, 6-2; Karman Kaur Thandi bt SAhaja Yamalapalli 6-3、4-6、6-4; Humera Baharmus bt Mihika Yadav 2-6, 7-5, 6-3.

ダブルス(8強戦): Sofia Costoulas(Bel) & Elena Pridankova(Rus) bt Ekaterina Yashina(Rus) & Ankita Raina 6-1, 2-6, [10-7]; Vaidehi Chaudhari & Mihika Yadav bt Sudipta Kumar & Riya Uboveja 6-4, 4-6, [10-7]; Punnin Kovapitukted(タ) & Diana Marcinkevica(緯度) bt Kashish Bhatia & Anjali Rathi 3-6, 6-4, [10-2]; Saki Imamura(日本)&Priska Madelyn Nugroho(または)bt Smriti Bhasin&Sahaja Yamalapalli 6-1、6-3; Gozal Ainitdinova(Kaz)&Zeel Desai bt Humera Baharmus&Jagmeet Kaur Grewal 6-1、6-0; Luksika Kumkhum & Peangtarn Plipuech (Tha) bt Shrivalli Bhamidipati & Nidhi Chilumula 3-6, 6-0, [10-7]; Shria Atturu(アメリカ) & Akanksha Nitture bt Arthi Muniyan & Shreya Tatavarthy 6-3, 5-7, [14-12]; コボリ桃子&松田美咲(日本)bt石原マテレ&ベラタムハンカール6-4、6-1。

予選シングル(3回目と最終回): Vineetha Mummadi bt Sahira Singh 6-2, 6-1; Elena Pridankina 9Rus) bt Avishka Gupta 6-2、6-1; Kundali Majgaine bt Shreya Tatavarthy 6-4, 6-7(5), [10-4]; Nidhi Chilumula bt Anjali Rathi 7-5, 6-2; Mansi Vadyala bt Nandini Dixit 6-3、6-4; Ikumi Yamazaki(日本) bt Shria Atturu(アメリカ) 6-4、6-4。

READ  ドジャースのエースクレイトンコショ、無打者の急増は、ゲームに良くないと言う

カメシスリニバ山

アーチェリー

アーチェリーワールドカップステージ3:インドのJyothiが2位を獲得しました。

世界選手権大会銀メダリストV.Jyothi Surekhaは、火曜日パリで開かれたアーチェリーワールドカップ3回目の戦いで女子個人総合ランキング2位に705点を記録し、インド代表チームに復帰して眩しい活躍を繰り広げました。

Priya Gurjar(689)、Mukan Kirar(689)、Avneet Kaur(686)はそれぞれ20位、21位、24位を記録しました。

711点で6位のAbhishek Vermaは複合男個人ランキングで1位のインド射手でした。

Mohan Bhardwaj(703)、Aman Saini(701)、Sangampreet Bisla(698)はそれぞれ26位、33位、42位でした。

インドの男子チームは2115点で4位、女子チームは2083点で3位を記録した。

1位英国、2位韓国と勝点1416点で共同3位を走っているインド混成チームが3位に上がった。

-YB愛

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close