60年ぶりに初ストライキ、日本の有名デパートのドアを閉じる

1 min read

東京池袋西武店ストライキは1962年以降、日本百貨店労働者の初ストライキだ。 (乃木和弘)

日本で最も有名なデパートのひとつが、60年ぶりにストライキをして木曜日に閉鎖されました。 これは、新しいアメリカの所有者が雇用を削減するという懸念によって引き起こされました。

東京池袋エリアにある西武ホテルは、14階建てで年間約7000万人の訪問者を集めており、非常に丁寧なスタッフが一週間寿司からアルマーニまですべてを販売しています。

世界で最も混雑している鉄道駅の1つに位置するこの場所は、日本全土のSeven & i Holdingsが所有する10のデパートで構成されたソゴとセーブチェーンの王冠にある宝石です。

しかし、池袋にある83年の建物は改造が必要で、チェーンが5年間収益を出せなかったため、セブン&アイはこの建物を米国投資グループフォートレスに売却しようとします。

解雇を懸念した労組は木曜日に一日休業を要請した。

寺岡康弘労組委員長は今週初め、記者たちに「現時点で労組は売却計画が事業継続性に基づくのか、この計画が労働者の雇用維持を保障するのか確信していない」と話した。

停止は非常にまれなため、日本のテレビ記者が野外で生放送をしてニュースヘリコプターが頭の上で撮影するなど全国的な見出しを飾りました。

年金受給者の阿蘇ススム(68)は、AFPとのインタビューで、「あまり関心が多くて電車に乗って2時間見た。全国的に大きな影響を及ぼすと思う」と話した。

ある若い行人はNHK放送に「(ストライキは)教科書でしか見なかったこと」と話した。

日本のデパートは、近年、21世紀の消費者のショッピング習慣に適応するために苦労してきました。

– 「空のお店の前」 –

リサーチ会社JapanConsumingの共同創業者であるMichael Caustonは、デパート数が1999年に311店舗から181店舗に減ったと述べた。

「主要都市から離れて、郊外とターミナルのショッピングモールはほとんどの都市の主要なショッピングの目的地に位置しており、デパートや古いショッピングビルには顧客がますます減少し、地元のショッピング街は空の店舗でいっぱいです」とCaustonは言います。

日本ではストライキは珍しい。 労働部によると、2022年世界3位の経済大国でストが33件に過ぎなかった。

労働部関係者はAFP通信に「労組の約80%が使用者側との関係が安定しており、労使交渉にストライキが必要なかっただろう」と話した。

そごう・西武ストライキは「雇用を脅かすことができる経営会社の変更、経営政策の変更など、長期的かつ安定的な労使関係では解決できない問題」と水川博之労働法議員が語った。 千葉大学の専門家であり教授はAFPに語った。

彼は「グローバル企業の買収合併(M&A)が世界的にますます一般化し、今後日本でも同様のストライキ事例が増える可能性がある」と話した。

セブン&アイ・イサカ・リュイチ社長はこの日放送に向けて「多くの顧客と利害関係者に心配を与えた点について謝罪する」と謝罪した。

しかし、同社の取締役会は、依然として木曜日の会議でFortressへの売却を進めることを決定したと報道機関が伝えた。

活動家投資家は、セブン&アイがセブンイレブンコンビニエンスストアに集中し、収益性の低い事業を整理することで収益性と株主価値を最大化するように推進しているとブルームバーグ通信が報じた。

ストライキを支持するポスターを持って名前を明らかにしたくない74歳のある老人は「市民として売却を受け入れられない」と話した。

彼はAFP通信に「日本人もフランス人のようにデモしなければならない」と話した。

kh-str-hih/stu/dan

READ  カナダ、女性の世界ホッケー選手権大会で、米国を5-1でくじく
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours