世界

60歳以上のコロナ19予防接種の義務化

2021年11月26日、テッサロニキ中心部のアリストテロス広場で一人の患者がコロナ19ワクチン接種を受けている。

サキスミトロリディス| AFP | ゲッティイメージ

ギリシャは1月中旬から老年層に対する義務予防接種を発表した。 コロナウイルス 国内感染。

60歳以上の人が1月16日までコロナウイルス予防注射を受けない場合、毎月100ユーロ(114ドル)の罰金が科されます。 そのお金はギリシャの医療システムに行きます。

キリアコス・ミチョタキス首相は火曜日のツイッターを通じて「罰ではない。健康に対する対価であるだけでなく、ワクチン接種を最も多く受けた人々のための正義な行為」と話した。

ギリシャは火曜日に7,720人の新しい事例を報告したが、これは11月9日の8,969人の史上最高値から減少したと明らかにした。 データ ジョーンズホプキンス大学で。

しかし、当局は、準備期間とクリスマス休暇中に感染がさらに増加することを懸念しています。 このためにテスト能力も強化している。

火曜日現在、ギリシャ人口の約62%がウイルス対策を完全に接種しています。 これは、欧州病予防および管理センターによると、EUの平均である66%未満です。

しかし、保健省のデータによると、ロイターによると、これまで約520,000人の60歳以上の人々がジャブを受けていないことがわかりました。 ギリシャの人口は約1100万です。

ドイツ、必須予防接種の検討

ギリシャの発表は、他のヨーロッパ諸国も義務予防接種を検討している時期に出てきたものです。

オラフショルツドイツ首相の指名者は、火曜日近いうちに義務的な予防接種をしたいと述べた。 「だから私は2月か3月初めを提案します」と彼はDeutsche Welleが引用したインタビューで語った。

フランスとイタリアは、医療専門家にワクチン接種を強制する義務を課した最初のヨーロッパ諸国の1つでした。 一方、今月初め、アレクサンダー・シャレンベルク・オーストリア首相は2月1日から自国でコロナ19ワクチン接種が義務化されると発表した。

READ  とは外交官、野党の攻撃計画に有罪判決

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close