技術

6Gプロジェクト、日本、シンガポールのLabmate Onlineと技術提携を締結

Asia Tech x Singapore(ATxSG)2021を訪問中、フィンランドの6Gフラッグシップ研究開発プログラムの代表者は、シンガポールのパートナーと相互に有益なテーマを発展させ、6G通信のグローバル標準化と規制の開発に貢献することで合意(7月13日)に達した。

「6Gのようなグローバルイノベーション技術の開発には、常に国際協力が必要です。 したがって6G競争で成功するためには、シンガポールなどの先進国とのパートナーシップが不可欠である。 私たちの協力は相互の利益を達成することができるトピックについてシンガポールと協力するとき、すべてのフィンランドの6Gの開発に役立つでしょう。

6Gフラッグシップは、デジタル経済の回復力の構築を目指している戦略の一環として、約4,500万ユーロの資金の支援を受けイニシアチブである、シンガポールの未来通信プログラム(FCP)に加入した最初の国際的なパートナーとなりました。

シンガポールの技術とデザイン大学(Singapore University of Technology and Design)の未来通信のR&Dプログラム・ディレクターであるTony Quek教授は「FCPのホストとしてSUTDは、シンガポールの5G生態系を強化するために、世界最高の研究機関と高等教育機関を率いて協力します。 将来の通信技術の研究と翻訳を加速します。」

6Gフラッグシップは、最近、ソフトバンク、東京大学、国立情報通信技術研究所(National Institute of Information and Communications Technology)などの公共および民間組織で構成され、日本Beyond 5Gコンソーシアムと技術協力に関する覚書を締結した。 今回の協約は日経と総務省が昨年6月に東京で開催したグローバルデジタルサミット(Global Digital Summit)に関連して発表された。

Latva-ahoは「6G開発のために相互競争上の優位性を確保することができるテーマで協力を拡大することは、フィンランドの利益です。」と付け加えました。

フィンランドの6Gプロジェクトは、フィンランドアカデミーとオウル大学からの資金をサポートします。

追加情報 オンライン

READ  Microsoft Flight Simulatorは、最新の更新プログラムに美しい北欧のビューを追加します。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close